お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

デスクトップLinuxが盛り上がるとすれば

2003/07/23 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Mitch Kaporのリーダーシップで準備された「Desktop Linux Technology and Market Overview」(PDFファイルで34ページ)が、ネット上に公開されている。7月10日付けの最新資料。デスクトップLinuxに関心のある方には必読の資料だろう。

ちなみに、Mitch Kapor(Lotus創業者、Lotus 1-2-3開発者)はいま、オープンソースでMS Outlookキラーの開発を進めている。4月には、OSAF(Open Source Applications Foundation)がPIMプラットフォーム「Chandler」のRelease 0.1を公開した。

Mitch Kaporは、この資料の序文で、デスクトップLinuxについて、

「As you can read, while we do not believe a revolution is in the offing, there is a great deal of good news about what has already been accomplished, and even more about what is very likely going to be happening with adoption of desktop Linux, especially considering the situation outside the U.S. A further piece of good news is that, by and large, there do not appear to be intractable obstacles to the continuing growth of adoption of Linux as an end-user OS.」

革命的なことがすぐに起こることはないが、地道に多くのことが達成されてきており、徐々にだがエンドユーザOSとしてのLinuxの存在感が増していくと主張している。

この資料は、

「Recently, I initiated a project on behalf of OSAF to take a careful look at the state of Linux on the desktop, and asked Bart Decrem to spearhead a short-term research project to assess the current situation and trends.」

デスクトップLinuxの現状とトレンドについて行なった短期集中型リサーチ・プロジェクトの結果である。筆者は、調査を担当したBart Decrem氏。

全体で9章構成。第1章・Executive Summary。第2章・定義。第3章・The Long Linux March to the Desktop(これまでの歴史)。第4章・The Adoption Cycle(市場への浸透のメカニズム)。第5章・Desktop Linux: The State of the Product。第6章・The Desktop Linux Eco-system。第7章・Market Adoption(市場への浸透)。第8章・将来。第9章・結論。本格的な論文構成となっている。

デスクトップLinuxを盛り上げる8つの要素

第4章が面白い。

「We do not believe that there will be a killer app that will propel Linux desktop adoption. For one thing, innovative applications, especially open source ones, tend to be network-oriented and can be relatively easily ported to different operating systems. Instead, we believe that a number of factors and trends will lead to more broad-based adoption of Linux as a client user environment. It remains to be seen what the relative strength of these factors will be, and how powerful their cumulative impact will be.」

何かキラーアプリケーションが1つ生まれて、デスクトップLinuxがぐっと盛り上がるということではなく、さまざまな要因が重なり合って徐々に市場に浸透していく。その要素としては、次の8要素を挙げている。

(1) The success of Linux as a server computing platform

サーバーでの成功により、Linux世界の生態系(エコシステム)がしっかり成長してきた。

(2) The emergence of credible desktop offerings, including the availability of solid productivity applications that interoperate with their Windows counter-parts

KDE とGNOME がある程度成熟してきた。そして、

「The availability of strong cross-platform application suites, including the Mozilla/Netscape browser suite and the OpenOffice/StarOffice office suite, complemented with other core productivity applications that interoperate and offer a similar user-interface to their Windows counterparts, such as Ximian's Evolution PIM suite, are the cornerstones of a credible desktop offering.」

という具合に道具立てが揃ってきた。

(3) The commodification of the operating system

激しい進化を続けていた一時期に比べて、デスクトップOS自身の進化は止まり、成熟化した。そうなればキャッチアップするLinuxデスクトップ側にもチャンスが出てくる。

(4) Structural challenges for the monopoly provider

独占者マイクロソフトは成熟市場で現在の時価総額を維持するためには相変わらず強気なライセンス戦略を取り続けなければならない。そこにLinuxデスクトップの付け入る隙がある。

(5) The falling cost of personal computers

ハードウェアはもうウォルマートで200ドルで売られるようになって、マイクロソフトのソフトウェアが最も高価なコンポーネントとなった。マージンの薄いベンダー、価格に敏感なユーザはLinuxを選択肢として考えるようになる。

(6) Centralization and more server centric computing (including Net-centric computing)

コンピュータシステムのアーキテクチャがここ数年でがらりと変わりつつあり、それはLinuxに追い風だ。

(7) Increasing concerns by corporations and public institutions about being beholden to a monopoly supplier, and a desire for open standards and a level playing field

マイクロソフト依存度の高まりに対するリスクが、オープンスタンダードへの欲求につながってくる。

(8) Anti-piracy efforts

中国では94%のビジネスソフトが海賊版である。「people will switch from pirated software to the most inexpensive legal solution.」つまり、海賊版から最も安いソリューションへの転換が、Linuxのチャンスになる。

この8要素が、絡み合いながら(どういう絡み合い方をするかはわからないが)、デスクトップLinuxが市場に浸透していくだろうと予測する。

3段階の市場浸透サイクル

そして市場浸透サイクルとして、フェーズを浸透する顧客層から、3つに分けている。

Phase 1: Highly technical users

Phase 2: Transactional workers, web-centric consumers

Phase 3: Knowledge workers, small businesses, mainstream consumers

現在がPhase 1で、2004年からPhase 2にスタートし、アメリカでは2007年まではPhase 3に移行することはなかろう、と予測している。デスクトップLinux浸透サイクルはかなり息の長いストーリーになるわけだ。

そして第6章の「The Desktop Linux Eco-system」も面白い。

デスクトップLinuxが市場浸透していくために必要な生態系の要素がきちんとリストアップされている。

あと面白いのは第8章の第3節のレバレッジ・ポイントという部分。

「Below is a list of some leverage points for Linux desktop adoption: developments that can accelerate the adoption of Linux on the desktop, and remaining barriers to broader deployment.」

Linux市場浸透において今後カギを握る項目のリストだ。9項目ある。タイトルのみ引用しておくので、詳細は原文へ。

(1) A strengthened desktop foundations layer that can provide the missing common infrastructure that the major open source desktops need to rely on, along with standards and joint projects that improve interoperability between major desktop platforms

(2) Emergence of an open, XML-based file format that becomes widely recognized as an alternative to the Microsoft Office file formats

(3) Further improvements to the Microsoft Office filters in OpenOffice and other open source productivity applications

(4) More opportunities for public sector decision-makers to learn about other open source efforts and get access to useful information

(5) Improved organizational infrastructure for open source projects

(6) More commercial end-user applications for Linux

(7) The WINE project

(8) Absence of a standard Linux

(9) User-friendly documentation and support options

何しろ分量が多くてとてもすべてはご紹介しきれない。サプライズはないが、よくまとまったアメリカらしいきちんとした報告書の雰囲気を味わっていただければと思う。資料の英語は平易だし、情報は最新で具体的。興味のある方は、ぜひ原文に当たることをお薦めしたいと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー