お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

オープンソースが引き起こすパラダイムシフト

2003/07/07 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

これは面白いインタビューだなぁ、と思う内容に出会うことは実は案外少ない。ウェブ上でもあまり目につかないところに置かれたIDG News ServiceによるこのTim O'Reillyインタビューは実に秀逸である。内容は、オープンソースが引き起こす「ソフトウェア世界の根本的な変化」についてである。

「EBay Inc. will someday buy Oracle, open source licenses don't work, and the software market is about to change forever. These are three of the predictions that O'Reilly, a well-known publisher of technical books and an open source advocate, had to offer in an interview conducted the week before his company's annual Open Source Convention.」

eBayがいつの日にかオラクルを買収するかもしれない。オープンソース・ライセンスは有効にワークしない。ソフトウェア市場は構造変化の途上。それがTim O'Reillyが提起する3つのポイントだ。Tim O'Reillyは、「a well-known publisher of technical books and an open source advocate」とあるように、初期からのオープンソースの支持者の1人であり、オープンソース世界の現実に詳しい。

「I think there's a paradigm shift going on right now, and it's really around both open source and the Internet, and it's not entirely clear which one is the driver and which one is the passenger, but at least they are fellow travellers.」

彼は、オープンソースとインターネットの二人三脚で、パラダイムシフトが今、まさに起ころうとしているのだという。

オープンソースをベースにしたプロプライエタリな仕組み

「Nobody is pointing out something that I think is way more significant: all of the killer apps of the Internet era: Amazon (.com, Inc), Google (Inc.), and Maps.yahoo.com. They run on Linux or FreeBSD, but they're not apps in the way that people have traditionally thought of applications, so they just don't get considered. Amazon is built with Perl on top of Linux. It's basically a bunch of open source hackers, but they're working for a company that's as fiercely proprietary as any proprietary software company.」

誰も指摘しない重要な問題がある。

それは、Amazon, Google, Maps.yahoo.comといった「インターネット時代のキラーアプリケーション」が皆、オープンソースソフトによって作られているのに、誰もそれらをアプリケーションソフトだという認知をしないから、それらの会社(Amazon、Google、Yahoo)は、proprietary software company(マイクロソフト的世界)と同じくらい猛烈にproprietaryになっている。

「What's wrong with this picture? Well, one thing is that one of the fundamental premises of open source is that the licenses are all conditioned on the act of software distribution, and once you're no longer distributing an application, none of the licenses mean squat.」

まだびんと来ないですか? オープンソースの根本的な問題は、オープンソースのライセンスはsoftware distributionについて規定するだけであって、Distributeしないアプリケーション(つまり、Amazon, Google, Maps.yahoo.comみたいなアプリ)については何の効力もない。

ライセンスより重要なコモディティ化の問題

Tim O'Reillyは、「Let's stop thinking about licenses for a little bit.」、オープンソース・ライセンスのことを議論するより、もっと大切なことを議論する必要があるという。それはソフトウェアのコモディティ化の問題だ。

「The commoditization of software. Open source is a contributor to the commoditization of software, but it's not the only contributor. Open standards lead to commoditization. The Web browser is proprietary, but it's a commodity. Basically, we're really seeing the development of something that's analogous to hardware with the IBM (Corp.) PC. If you look at what happened to the hardware business, there was a transitional period where everybody tried to play by the old rules. It wasn't until Dell (Computer Corp.) figured out that, no, the rules really are different, and the business levers are different, that we saw somebody figure out how to really leverage commodity hardware.」

我々は、今、IBM PCのハードウェアに起こったコモディティ化と同じ現象がソフトに起ころうとしているのを、目撃している。デルが登場するまで、そのビジネス上の本当の意味を誰もはっきりさせることができなかった。

つまり、Timは、今ソフト世界はそういう「ハード世界におけるデル以前」の段階にあると言っているのである。

IBMのLinux戦略は、PC時代(80年代)のコンパックの戦略と瓜二つだ。

「Absolutely, but I would say that IBM's current strategy with open source is very close to the Compaq (Computer Corp.) strategy in the early days of the PC. There were a whole bunch of vendors who took this commodity thing and tried to tweak it and improve it and add value in some way, and differentiate themselves that way. And so (with) WebSphere, for example, (IBM says) "OK, we'll put together a bunch of open source components with a bunch of proprietary components and we'll bundle it up in some way that everybody will say, "OK, I guess I've got to pay for it." That's a lot like Compaq's strategy.」

要は、オープンソースのコモディティ部品に、自前のProprietary部品をまぶして付加価値をつけて製品化する、という意味で、当時のコンパックの戦略に酷似している。

「Somebody will come along eventually and put together the complete open source stack. If you look at the history of the PC, the Compaq strategy didn't fail. It's just that the Dell strategy was marginally better. The whole essence of the Dell approach was build to order, and I think we're going to see the emergence of that business model for Linux.」

もうproprietaryなものはいっさいなしで、オープンソース・コモディティだけから、Built-to-orderでソフトを作るデル・アプローチをとるビジネスモデルが必ず登場するだろう。まだまだソフトは当時のハードほど成熟化していないが、いずれ必ずそうなる。

次の付加価値はどこへ?

そして話題は、次に、では付加価値はソフトではなくどこに行くのか、ということに移る。

答えはデータ。

「But there's not much difference between Barnesandnoble.com (LLC) and Amazon.com in the software they have. What are different are the customers they have, and the amount of customer contribution to their data.」

アマゾンとバーンズアンドノーブルのソフトには、あまり大きな差ない。差は、顧客データの量と質である。

「With eBay it's even clearer. The fact is, it's the critical mass of marketplace buyers and sellers and all the information that people have put in that marketplace as a repository.」

eBayの場合はもっとクリアである。

「So I think we're going to find more and more places where that happens, where somebody gets a critical mass of customers and data and that becomes their source of value. On that basis, I will predict that -- this is an outrageous prediction -- but eBay will buy Oracle someday. The value will have moved so much to people who are not now seen as
software suppliers.」

顧客情報についてのクリティカルマスを握ることが価値の源泉。乱暴な予測だが、「ソフトのオラクル」を「情報のeBay」が買収する日がやってくる。ただ、これはあくまでも産業構造変化の比喩イメージとして、キャッチーな表現をしているに過ぎない。

「Amazon really understands that they are becoming a platform. They are becoming the e-commerce engine of an awful lot more of the Internet than people realize. It's not just a site, but they're running e-commerce for other people, they've built Web services, so people are building applications that (Amazon doesn't) control that use some of their back-end services. They're really moving down that path, and I think other people like that will emerge, and we'll suddenly go, "Oh my God, how did they become such important players?" It will be just the way that IBM thought that Microsoft was not really a competitor until one day they went, "Oh my God, these guys are in the driver's seat."」

アマゾンはそういうことを全部わかって手を打っている。勝負がついたところで、一般の人々にはわかるのであろう。

このインタビューは、今週(7/7-11)、Tim O'Reilly自身が主催する「オープンソースコンベンション」のプロモーションとして引き受けたものである。

このサイトに、Tim O'Reillyが行なうキーノートスピーチの概要がアップされている。短いまとめだが、インタビューと違って、より推敲された文章になっているので、このインタビュー内容の理解を確かなものとするために、重要な部分を2つ引用しておこう。

LAMPは"Intel Inside"のようなもの

「LAMP (Linux, Apache, MySQL, PHP/Perl/Python) as the "Intel Inside" of the Next Generation of Computer Applications. The computer industry has gone through a sea change in the past few years. The killer applications of the Web era turned out not to be PC-based software packages like the web browser, but web-hosted applications like Google, MapQuest, and Amazon.com. These applications are built on top of Linux and Apache, yet they are themselves fiercely proprietary.」

次世代アプリケーションにおけるLAMP (Linux, Apache, MySQL, PHP/Perl/Python)は、PCハードウェアにおけるインテルのようなもの、という視点を持つと、よりわかりやすいかもしれない。

「One of the greatest challenges for open source in the next few years is to understand and adapt to the paradigm shift implicit in network computing, and to shed the legacy thinking of the desktop era.」

オープンソース世界も、デスクトップ時代のモノの考え方を捨て去って、ネットワークコンピューティング時代へのパラダイムシフトを理解し受容していかなければならない。

以上の内容を理解した上で、このコンベンションを追いかけていく(丹念に探していくと、このコンベンションに参加しているBloggerからのリアルタイムでの報告がネット上で見つかるだろう)と、今、オープンソース世界で何が問題なのか、オープンソースがもたらすソフトウェアのコモディティ化はIT産業全体にどういう影響を及ぼすのか、ソフトウェア世界に本当にパラダイムシフトが進行中なのか、デルモデルのソフト会社なんて現れるのか、そういう難問を同時代的に考えていくいい手がかりになることと思う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー