お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

新市場創造のための検証プロセス

2003/07/04 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

あなたが、「この市場は絶対に立ち上がる」と確信して新製品や新市場の開発に邁進しているのならば、ふと立ち止まって、「もし市場が立ち上がらないとしたら何がその原因になるだろうか」と考えることはとても重要な思考実験だ。

CIAのベンチャーキャピタルIn-Q-Telのチャールズ・ハドソンが面白いBlogを書いたので、一緒に考えながら、読んでみよう。本連載5月27日の「先進的オタクユーザーは危険なお客」(これもチャールズのBlogを題材にした)の続編みたいなものとしても読んでいただける内容と思う。

Wireless Home Networking市場の可能性を検討する

チャールズが「この市場は絶対に立ち上がる」と確信しているのが、Wireless Home Networking。

「Every now and then I try to step back from position as a technophile and dissect an area where I feel particularly passionate. I am certainly hoping that wireless home networking comes to pass in the very near future, but I can construct a case in my head as to 1) why it doesn't happen at all or 2) why it doesn't happen as quickly as I would like.」

そのWireless Home Networkingが、1)未来永劫全く立ちあがらない、2)立ち上がるとしても想像しているよりもずっと立ち上がりに時間がかかる、その2つを「立ち上がらないイメージ」として、きちんと思考実験をしてみよう、と提案する。

まず前段で言う、彼が確信する市場立ち上がりの理由は、以下の4つだが、ここはさらりと読み飛ばして先を急ごう。

「1. Home users are installing WLANs en masse

 2. Home WLANs have proven fairly easy to manage

 3. Home users want to share content among the various consumer eletctronics in their house

 4. Home users will adopt wireless home entertainment networks to solve the problem」

まずWireless Home Networkingのビルディングブロックとして、2つの要素を挙げる。1つは、Device Adapters。もう1つは、Networking Support。

「I have not seen many televisions (with the exception of some very high-end plasma models), receivers, set-top boxes, or DVD players that ship today with integrated support for wireless communication of any sort, save IR. If my existing (or planned) consumer electronics equipment is to participate in this home entertainment network, it will need some kind of adapter (wired or wireless) to connect it to the network. These adapters, of course, will only be the first step toward manufacturing consumer electronics products with integrated support for wireless communications.」

ほとんどのテレビ、DVDプレイヤー、セットトップボックスには、ワイヤレスネットワーク機能はついていない。だからその機能が製品にインテグレートされるまでの第1ステップとして、アダプターが必要となる。

「Setting up a WLAN with an access point and a handful of computers is pretty easy because modern computers were designed to be networked. I don't know that any of my existing consumer electronics products were built to be networked. Someone is going to have to provide me with an interface or software tool to set up and manage this network. It doesn't have to be sophisticated, but it does have to help the novice to intermediate user get all of his/her devices to participate in the network.」

コンピュータのWLAN構築は簡単だが、そこにコンシューマエレクトロニクス機器もネットワークできるよう、ソフトを用意してくれないとダメ。そのソフトは素人にも簡単に使えなければならない。

チャールズは、次に、「夢のシナリオ」を描いている。それは、「Vendor and Device Independent Home Networking」の世界だ。ベンダーに依存しないホームネットワーキング。「a world where every major consumer electronics device supports a single (or at least common) wireless protocol and can be networked together easily」がその定義。

「We are clearly not there yet. I am not even sure that is how things will actually pan out. If we do eventually get there, I believe that there will be an intermediate phase that happens first.」

特定ベンダー製品だけのネットワークは売れるか

でも我々はそこにはもちろん到達していないし、到達するかどうかもわからない。ただいずれにせよ、途中に理想的ではないフェーズを経ることが必要だ。それが、第1フェーズとしての「Vendor-Specific Networking Solutions」である。

「I think that products such as Sony's RoomLink will be the first foray into home networking. The San Jose Mercury News wrote an article describing the shortcomings of the RoomLink product, with a particular focus on the Sony-centric nature of the product.」

ソニーのRoomLinkがその代表。ここで紹介されているサンノゼマーキュリーニュース誌の「Sony fails to connect with RoomLink」は、今日は解説しないので、興味のある方は原文を当たってください。

「This is an appealing go to market strategy, however, as it solves the seemingly intractable problem of deciding on a common networking air interface (UWB, 802.11a/b/g, etc.) for the entire CE industry. Also, it promotes vendor lock-in to some degree -- if I can only network Sony products via RoomLink, chances are that I will take a hard look at Sony products before choosing another vendor.」

ベンダーの製品戦略としては魅力的だろうが、やはりベンダーにロックインされて、ネットワークにつながるのがソニー製品だけだということになれば、市場が立ち上がらない可能性がある。

ユーザーにとっての必然性と、規格の乱立

そしてその他に3つ、市場が立ち上がらないとした場合の理由が挙げられている。

1) Users pull wires、2) Users don't actually want/need to share content among devices、3) Conflicting wireless protocolsの3つである。

第1の「Users pull wires」は、先進的オタクユーザーからは異論が出るだろうが、普通の人々はこんなふうにHome Networkingしてしまうかもしれないよ、ということだ。

「people might decide that it is easier to pull wires or co-locate a PC near their home entertainment center than it is to try to manage a wireless network of consumer electronics devices. If you connected your PC to your televesion and ran stereo cable to your home theater, you would have a very clunky way in which to access content from your "media PC" or other entertainment hub.」

第2の「Users don't actually want/need to share content among devices」は、そもそも普通の人々は、コンテンツをデバイス間で共有したいなんて、ぜんぜん思わないかもしれないね、という話である。

第3の「Conflicting wireless protocols」は、ベンダーが皆、違うワイヤレスプロトコル(802.11 a/b/g, UWB, Zigbee, Bluetooth)で勝手に実装したら、それは混乱するよね、という話である。

先進的オタクユーザーは危険なお客」でもちょっと書いたが、僕自身は、先進的オタクユーザーでは全くなく、ユーザーとしては普通の人々の代表である。その僕の感想を最後に言えば、今のところWireless Home Networkingへの欲求はほとんどない。この第2の「Users don't actually want/need to share content among devices」に入ってしまっているからだ。「ああ、欲しい」と思えるアプリケーションとコンテンツが巷に溢れ、インストールも実に簡単、という状態になって始めて「買おうかな、どうしようかな」と考え始めることだろう。

市場創造とは、こうした様々な課題を1つ1つクリアしながら、最後に、僕のような普通の人々にまで、「ああ、欲しい、買おう」と思わせるに至るプロセスのことなのである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー