お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Linuxが攻撃しているのはMSではなくアップルかもしれない

2003/07/03 10:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

umeda

シリコンバレーで経営コンサルティングを行なう傍ら、ベンチャーキャピタリストとしても活躍する梅田望夫さんが、IT業界の先を読むのに役立つ英文コンテンツを毎日紹介していきます。これを読めば、英語と業界動向を読む力が同時に身に付くはず(このブログの更新は2004年12月30日で終了しました)。
ブログ管理

最近のエントリー

Linuxの台頭は、マイクロソフトにとって以上に、アップルコンピュータにとって打撃なのではないか。

「Linux's new popularity may hurt Apple more than Microsoft.」

Slateの「Flipping the Switch」を読んでみよう。このコラムは、Alex Salkeverの「Apple's Real Worry Isn't the Loss of IE」を受けて書かれたもので、その中にこんな一節がある。

「"Linux should pass Apple in market share for desktop operating systems on computers."」

デスクトップOS市場で、Linuxがアップルのシェアを抜く。このことの意味をこのコラムでは考えている。

反MS陣営の味方を誤爆しつづけてきたLinux

Linuxのこれまでの戦果について、こう書く。

「Instead of wiping out Windows, Linux evangelists have driven one after another of Microsoft's competitors out of the operating system business. IBM, DEC, SCO, and finally Sun have lost the non-Windows portion of the server market to Linux, and no wonder: Linux is basically a better version of their Unix products, for free.」

LinuxはWindowsを一掃するのではなくて、逆にマイクロソフトのライバルを1社、また1社と、OSビジネスから一掃してくれた。IBMがそう。DECがそう。SCOがそう。それで最後はサンだ。つまりは、Linuxというのは、こうした有料Unixベンダーよりも良い無償のバージョン。これがサーバー世界でのお話。

「Now, with Linux's emergence as an acceptable alternative for the consumer desktop, Apple is standing in position to become its next friendly-fire casualty.」

そしていま、デスクトップOSの「an acceptable alternative」としてLinuxが台頭すると、サーバーと同じロジックで、アップルが「friendly-fire casualty」(「反マイクロソフトという意味での味方」への誤爆の犠牲者)になるポジションにいるというわけ。

「By blending gorgeous design with user-friendly software, Apple lets you buy your way out of the Microsoft world-aided by a hand-holding deal with Microsoft to help the two brands work well together.」

「But it comes at a hefty premium: Apple's new desktop models start at $1,999.」

ゴージャスなデザインとユーザーフレンドリーなソフトで、アップルは脱マイクロソフト世界(それもとても高価な代替品を)を提供するわけだが、それをマイクロソフトも容認してきた。でも新しい脱マイクロソフト世界であるLinuxは違う。

「Linux takes the low road, price-wise. It's not pretty, but it's free, plus it's lean and fast enough to run on a yellowed old PC from the storage room if you're willing to spend a few hours getting the software installed and running. Or, for $248, you can buy a brand new, ready-to-use Linux desktop computer from Wal-mart.com.」

マックのようなファンシーな製品ではないが、とにかく安い。ウォルマート・コムで、Ready to useのLinuxデスクトップが248ドルで買える。

「Sure, the new Mac operating system (code named Panther) is pretty slick-it's also based on Unix, and partially open-sourced. And Jobs has made it clear he doesn't compete on price, but on the more complex curve of price/performance, which includes factors such as ease of use, customer support, and interoperability with Microsoft-areas where Apple is way ahead of Linux.」

もちろんアップルは、価格とはぜんぜん違うところで勝負しようとしている。

2番手のデスクトップOSとして残るのは誰か

「As the Unix wars proved, the software biz doesn't have time for No. 3. The software developers in town for Apple's conference today are mostly Mac-only coders, but their employers want to reach as broad an audience as possible, and as the saying in the industry goes, choose two. Apple still has software applications not available on Linux-such as Quark for publishing, or Photoshop for graphics-but if Salkever's analyst buddies step forth and pronounce Linux the No. 2 platform, software companies will re-evaluate their commitments.」

でも、Unix戦争の結果を見ても明らかなように、ソフトウェア世界に第3位というのは存在しない。アップルではなくLinuxが第2位だということになったら、アップル用はあってLinux用がないアプリケーションも、これからどうなるかわからない。

このコラムは、マイクロソフトのオンライン・メディアSlateに書かれたもので、Linuxに対する若干の冷やかしの気分が含まれた文章になっている(筆者のPaul Boutin は「a Silicon Valley writer who spent 15 years as a software engineer and manager.」で、シリコンバレーの元エンジニアのライター)から若干そのことを割り引いて読む必要がある。

そしてこのPaulの論は、「デスクトップOSのシェアはアプリケーションの充実・豊富さによって規定される」という面を強調しすぎている。ネットの時代になって、デスクトップはネットへの窓という側面が強くなり、アプリケーション充実至上主義の度合いはやや低くなってきているからだ。

Linuxの台頭でMSがアップルを助ける理由が減る

たとえば、「Apple's Real Worry Isn't the Loss of IE」の中では、

「Also, I seriously doubt that Web developers will pay any less attention to Apple now. Or, more accurately, I doubt that they'll build sites that work exclusively for Windows machines running IE. For that, Steve Jobs can thank Linux. Long maligned as a desktop nonstarter, Linux should pass Apple in market share for desktop operating systems on computers sold in the coming year. That means from 7% to 10% of all PCs shipped won't bear the Windows icon.」

という文章がある。Linuxの台頭とアップルがサファリで行くことを想定すると、ウェブ構築側こそがむしろIE一辺倒ではなくなるのではないか、というプラスの効果があるという見方を披瀝している。

でも、ご承知のように、6月12日、マイクロソフトは、アップル用のIE開発中止を発表した。アプリケーション充実の意味が薄れているとは言っても、やはりこの流れ(マイクロソフトの決断の方向性)はアップルの今後にとって大きいのではないか。本連載6月4日の「ジョブズとビジネス、2つの視点からアップルのiTunesを見る」で、UCバークレイ経済学部のBrad DeLong教授の「アップルが続いているのはマイクロソフトのおかげ」(独禁法に触れないためのコストとしてマイクロソフトがアップルを生かしておいてくれているのだ)というシニカルな視点をご紹介したが、Linuxの台頭ゆえに、マイクロソフトにおけるアップルの意味が大きく変貌していることだけは間違いない。

「Apple's Real Worry Isn't the Loss of IE」を続けて読んでみよう。

「Microsoft Word, Entourage, Excel, and PowerPoint are key bridges between the two worlds. Remove them, and buying a Mac suddenly looks a lot scarier.」

マイクロソフトがアップル用のオフィス開発を中止したら、アップルは立ち行かなくなるという見方だ。

「But I'm having trouble seeing why Microsoft would continue throwing a significant amount of resources --- the Mac BU has 150 coders -- at a computing platform with a market share of only 5% of the installed PC base, according to Apple itself.」

「As Linux matches Apple's market share and looks increasingly like a real competitor, any antitrust benefit to Microsoft for keeping Apple around has all but disappeared.」

マイクロソフトにとって、シェアの小さいアップル用にオフィスを開発するビジネス上の理由は全くない、そもそも独禁法対策以外に意味はなかったのだから、Linux台頭でその意味が薄れる、というのは、Brad DeLong教授の論旨そのものである。

アップルはオープンソースと組めるか

ではアップル用のオープンソースのオフィス・クローンは生まれるのか。

「Yes, open-source Office clones are now available for Mac. But all have some compatibility problems.」

「So if Apple chooses to replace Microsoft Office with an open-source version, Jobs would have to make a hard choice. Should he let the open-source community peek at his proprietary code to build Office clones that work more effectively on Macs and have the same smooth feel that Mac users expect?」

「That's because open-source coders would have a hard time keeping Apple's secrets a secret.」

真の問題は、ジョブズが、アップルのproprietary codeをオープンソース・コミュニティに公開するのか、ということに行き着く。でもそれはオープンソース・コミュニティが、アップルのproprietary codeの秘密を守ることはできないという理由で、きっと難しい選択になる。

「Could I be wrong about the Mac BU being in jeopardy and Apple facing a tough choice between open-source Office software and expensive in-house development? Maybe.」

マイクロソフトのマック事業部門の存続が厳しくなって、アップルがオープンソース・オフィスで行くかオフィス的スイートの独自開発で行くかという厳しい判断をしなければならなくなってしまう、という自分の心配は杞憂かもしれない。と彼は最後に書いているが、僕は、この問題は、これからのアップルを考える上で看過できないリスクだと思う。そしてそのリスクは、皮肉なことに、Linux台頭が遠因となっているのである。

改めて、「friendly-fire casualty」(味方への誤爆の犠牲者)とは、言い得て妙な表現だという気がしてきた。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー