お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Ask.jp、検索エンジンをオーバーチュアに切り替え - 日本市場どうする?

2008/07/27 13:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺隆広

日本でSEOを始めた第一人者として知られるアイレップサーチエンジンマーケティング総合研究所 所長の渡辺隆広氏が、競争の激化する検索市場をビジネス、マーケティング、テクノロジーの各方面から掘り下げます。
ブログ管理

最近のエントリー

更新を再開します。

今年上半期はmahaloやSearch Wikiaといった編集型検索エンジンやセマンティック検索のPowerset(Microsoftが買収)など新興検索会社が目立った印象がありますが、日本国内はそれほど変化がありません。年初に百度が本格サービス展開しましたが次の一手がまだ見えてきません。

 ところで先に日本に入って3年ほどの時が経つAsk.jpはどうしてるんだろうかとウェブサイトを見ていたところ、(これは私が知らなかっただけでしょうか?)驚きの記載がありました。

 

Ask.jpではオーバーチュア株式会社より提供を受けたロボット型検索エンジンをウェブ検索エンジンとして利用しております。検索エンジンは一定期間ごとに、新しいサイトをクロールし、インデックスへの追加・削除を行ないます。(Ask.jp サイトの登録/削除より)

これまでAsk.jpは米Ask.comの検索技術を採用していたのですが、いつのまにかオーバーチュア(=Yahoo! Search)に切り替わっていました。米Ask.comは最近ならAsk3Dなどユニークな検索技術そのものも競争力の1つですが、Ask.jpがそれのローカライズせず放棄してしまったのでは実質的なAsk.jpの存在意義がないように思えます。ここ最近は一発検索など次々とサービスを終了していたので事業戦略の見直しを進めているんだろうと思っていましたが検索エンジンまで変更してしまったのですね。最近はAskビデオへ経営資源を集中させているようですので、そちらで活路を見いだしていくということでしょうか。個人的には経路検索だけはいつもAsk.jpを利用していただけに残念です。

 

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー