お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Diggスパムを商売に

2006/10/03 02:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺隆広

日本でSEOを始めた第一人者として知られるアイレップサーチエンジンマーケティング総合研究所 所長の渡辺隆広氏が、競争の激化する検索市場をビジネス、マーケティング、テクノロジーの各方面から掘り下げます。
ブログ管理

最近のエントリー

先日、japan.internet.com 向けに書いた記事(参照:「ソーシャルサービスと SEO」 - SMOのありかたを考える)の中で、ソーシャルブックマークを利用したスパムについて言及しました。こうしたSEOのスパム手法でも先進国(?)といえる米国では、これを堂々と商売としている人もいるようです。

それが「User/Submitter (http://www.usersubmitter.com/)」というサイト。米国の参加型ニュースサイト「Digg」のトップページに載せますよというのですが、仕組みは次の通り。

Diggを通じて記事を広めたい広告主は、URLと希望Digg数を指定して規定の料金をUser/Submitterに支払います。するとUser/Submitterは、自身が構成する”協力者のネットワーク”を利用して、該当URLをDiggするよう依頼するわけです。5つの記事をDiggする度に50セント支払われるので、小遣い稼ぎをしたいユーザーはこぞってDiggすることに協力してくれます。こうして、広告主は希望したURLを無事、Diggトップページに掲載して、多くのトラフィックを獲得し、また自然リンクを得ることでSEOにもつなげるわけです。

不特定多数のユーザ参加型ニュースサイトに、金銭の授与によって組織化されたユーザを潜り込ませ、”投票の売買”を可能にしているわけで、(Diggにとっては当然迷惑な話ではありますが)ユーザの参加によって成立しているサービスが故に、この手のスパムに対抗するのは容易なことではないでしょう。ただ、こうしたスパムに対抗することによって結果的にサービスの品質を上げることにつながる場合もある(例えばGoogleの検索精度)ので、良い解決策を見いだしてもらいたいものです。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー