お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ユーザーが選んだウェブを検索できる"Wink"

2005/12/25 23:39
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

渡辺隆広

日本でSEOを始めた第一人者として知られるアイレップサーチエンジンマーケティング総合研究所 所長の渡辺隆広氏が、競争の激化する検索市場をビジネス、マーケティング、テクノロジーの各方面から掘り下げます。
ブログ管理

最近のエントリー

"Web2.0" の構成要素としても挙げられる”タギング”されたコンテンツを横断検索することで、ユーザーが選んだウェブページを検索できるWinkという検索サービスが米国で公開されました (Wink)。

Winkはdel.icio.usやDigg、Yahoo! MyWeb、Furlなど、ユーザーによってタグ付けされたコンテンツを持つウェブサイトを巡回してデータを収集し、それを検索結果に表示してくれます。例えば"web2.0"と検索すると、web2.0に関連し、かつユーザーの手によって選ばれたウェブページが検索結果に表れるわけです。もっともタギングされたウェブページはネット全体で見ればほんの僅かですので情報量を補うためにGoogleウェブ検索の結果が画面下に表示されるようになっています。

ウェブ検索が採用するアルゴリズム技術が目指すゴールは「多くの人が価値があると判断するウェブページを技術的に特定できる」ことにあります。それが現在は主としてリンク分析に大きく依存している一方で、そのリンクが金銭的に取引されることが常態化したことでリンク評価の妥当性が問われようとしています。そうした意味で、ユーザーが選別したウェブページの集合であるソーシャルブックマークやタグ付けされたページが指標としてウェブ検索の適合性に左右させる、あるいはWinkのような形式でウェブ検索を補助するような検索サービスが来年以降増えてくるのではないでしょうか。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー