お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

すれ違い(ニアミス)系の位置xコミュニケーション!?

2008/12/11 11:30
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

末吉隆彦

リアルとバーチャルの界面がおもしろい、既存領域をひょいとまたいでつながると新しいことが生まれるし、わくわく、どきどきします。そんな人たちと会ったり、体験したネタを紹介していければと思います。
ブログ管理

最近のエントリー

So-net x Koozyt 共同で携帯電話用の位置情報サービス「loc8r」(ロケイター)を公開しました。

  • 携帯URL:  http://loc8r.jp
  • 利用料金:  無料
  • 対応機種:  GPS搭載の携帯電話

何ができるの?

  1. 現在位置を1クリックで取得し、トモダチと位置情報つきのコメントを共有できます 
  2. 現在位置を機軸にコメントが書かれた場所が距離的に近いトモダチを近い順に表示します
  3. Twitter アカウントを設定することにより、書き込んだコメントに場所情報が自動 的に付加("L: 場所情報")され、Twitter上にも送信できます

という感じです。

 

以下、α版公開までの試行錯誤の経緯と思っていることをつらつらと:

常々、位置情報とコミュニケーションは相性よいと考えており、ちょうど1年前、PlaceEngineのテクノロジーショーケースとして「おともだちレーダー」というSkype プラグインを開発しました。それを進めるうちに、もっと身近な携帯電話ツールでも位置情報xコミュニケーション軸を深堀りしたいなと思い始めました。 Koozytメンバーに、Twitter愛用ユーザーがいて、彼には突然のオフ会参加などがよくあるそうなのですが、「近くでオフが開かれてるのが分かったら参加しちゃうかも。Twitterで分かるとよいよね!」というような意見から「loc8r」プロジェクトはスタートしました。ですので、「loc8r 」は、ミニブログやマイクロコミュニティ系サービスと連携して位置情報の補完的ツールになれればいいなぁというのが発想の原点にあります。日常的には、「トモダチとニアミス(すれ違う)してたことを発見する、気づかせる、確認する」という、場所を介したオフラインで時間差のある、ゆるいつながりでの位置xコミュニケーション形態になるわけですが、私自身は、当初、有名・著名人とすれ違ったのが分かるなら楽しいなぁと思っていました。(これはこれで、そのうち実現にチャレンジしたいですが) しかし、新宿でたまたまトモダチとニアミスしてることが分かって、お互いに合流するのではなく、逆に避けあった (笑)という体験をきっかけに、すれ違い(ニアミス)系コミュニケーションは、現代人のネットとリアルをつなぐ新しい位置コミュニケーション形態の1つになるのでは!と感じはじめました。(勝手な思い込みでしょうか?)

一方で、犬が電柱におしっこを引っかけたりするマーキング行為は、一般に「ナワバリ」を表明しているものですが、最近では、室内犬も多く、ナワバリというよりは、「今日もここ散歩してまーす!」と他のワンちゃんたちにメッセージを残す掲示板のような役目も果たしているのだそうです。なるほど、場所にメッセージを残す「loc8r」は、位置情報つき携帯電話を得た現代人による、ワンちゃんたちの日常コミュニケーションそのものだったのかも...

ということで、まだまだ荒削りな状態なのですが、世の中に出してフィードバックをもらって、育ててみたいと考え、α版として公開します。ぜひお試しくださいませ!

 

PS.
今回、Yahoo!JAPAN地図サービスの皆さんの協力により、「Yahoo!地図」や「「Yahoo!ワイワイマップ」のスポット情報も提供してもらってます。まだまだ使いこなしきれていませんが、ご協力ありがとうございます!
他のジオメディア系の方々とも連携していきたいと思ってますので、どうぞよろしくです。


 

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー