お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

グーグルの太陽光発電用パネルはシャープ「亀山製」?

2006/10/17 23:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 既報の通り、Googleが本社(通称「Googleplex」)に太陽光発電システムを導入することになったが、全米一の規模となるこのシステムに使われるソーラーパネルは、シャープの誇る「亀山工場」製になるかもしれない。

 Reutersの記事によると、シャープの米国法人は9212枚のソーラーパネルをGoogleのこのプロジェクトに納入することになるという(ただし、産地の明示まではさすがにない)。SeekingAlphaの記事によれば、シャープのソーラーパネル事業部は、今年はじめの時点で米国市場の約4割、世界市場の約3割のシェアを持ち、2000年以来世界市場で首位を走り続けているという。

 なお、現在世界最大の太陽光発電システム(企業によるもの)はやはりシャープ亀山工場にあり、その発電量は5.2メガワットと、Googleの予定するものより3倍以上大きいという(上記Reuters記事)。また、同記事には、オフィス用ビルに比べて、データセンターでは約10倍もの電力を消費すると書かれている。6月に「Googleが建設中」と伝えられた同社の新しい2つのデータセンターはそれぞれフットボール(アメフト)のグラウンドほどの大きさがあるというから、いったいそこでどれくらいの電力が消費されることになるのか(たとえその一部が水力発電によるものだとしても)・・・そんなことを考えながら、ふと気づいた。このブログを書く間にも何度もGoogleで検索をした私も、その度にGoogleのデータセンターで電力を消費させているのだ、と。

坂和敏(編集部)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー