お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

デルとAMDがデスクトップPCを企画中?

2006/06/14 20:43
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Associated Pressの記事によると、Citigroupは米国時間6月13日、DellとAdvanced Micro Devices(AMD)が共同でデスクトップPCを2006年9月に発表するとの研究報告書を公表した。

 Dellは2006年前半にAlienwareを買収したことで、AMDのチップを搭載した(ある種の)デスクトップPCをすでに販売中である。しかし、AlienwareはDellの完全子会社として別運営されている。このため、Citigroupの報告書が正しければ、ついに本物、すなわちDellブランドのAMDシステムが登場することになる。

 DellとAMDの関係についてはIT業界において長らく話題になっていたが、今回は少し異なる。DellがIntelと排他的な関係を結んでいるという憶測が何年にもわたって流れていたが、AMDは今や、Opteronの顧客としてDellを誇らしげに挙げている。なお、Dellは2006年後半に4プロセッササーバへのOpteron搭載を計画している。

 Intel一筋だったDellはこれまで、AMDとIntelという2種類の製品ラインアップを持った場合、2つの製品開発チームとテストチームを別々に維持するという問題を抱えることになるとしばしば語っていた。このことは、DellがOpteronサーバで比較的狭い市場にまず参入することを計画している理由の1つであり、AMDがDellのデスクトップ製品ラインアップの大半を一気に手中に納めるための攻勢に出るようなことはないだろうと上記の報告書でCitigroupが予測している理由でもある。

 しかし、DellとAMDに関する予想はこれまでことごとく外れているため、Dell Athlon 64システムがまだまだ先になるという予想を当てにしてはいけない。

Posted by Tom Krazit

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー