お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

中古CDを物々交換--「la la」のサービスは「物理的なP2P」?

2006/06/08 15:49
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

部屋の隅に高く積まれた音楽CDの山。楽曲はすべてコンピュータのハードディスクに取り込んだのに、それでも思い切って処分することがなかなかできない・・・うまく売り払えれば、部屋もスッキリかたづいて、どんなにかいいことだろう・・・けれど、ふつうに中古として売却しても二束三文にしかならないし・・・・。

そんな思いをされたことのある方も少なくないかと思いますが、この悩みを解決してくれるかもしれないあるサービスがまもなく米国で始まりそうです。「la la」(http://www.lala.com/)というこのサービスは、簡単にいうと中古CDの物々交換サイトですが、ユーザーが同サイトに支払う取引手数料は、1枚につきたったの1ドル49セント(そのうち、49セントが送料)。また、この手数料の5分の1=20セントはミュージシャンのための慈善基金に渡るとのこと(経費を除いた同サイトの粗利は20-30%程度になると、このニュースを伝えたReutersの記事には書かれています)。

なお、このサービスは現在テスト期間中ですが、すでに10万人近い登録ユーザーがおり、また本サービス開始時に参加を希望する人の数も約20万人に達しているそうです。

ただ、こうした個人間での中古CDの取引が活発化すれば、その分小売店頭やオンライン音楽配信サービスなどの売上が減少してしまうのではないかとの懸念もあり、レコード会社側の反応は複雑なようです。

坂和敏(編集部)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー