お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

アドベスティーゴによる海賊版阻止技術

2006/06/01 14:17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Advestigoといっても、打倒X-Menを目指すグループのリーダーであるマグニートーの片腕の名前ではない。これは、フランスに拠点を置き、PtoPサービスを利用して音楽や映画の海賊版をやり取りする行為を防ぐ方法を考案した会社の名前だ。

 同社のソフトウェアは映画の画面内の構図、色彩などの特徴を分析した後、共有ネットワークを監視し、その特徴にマッチした違法コピーを探す。Advestigoの最高経営責任者(CEO)であるMichel Roux氏によれば、このソフトウェアは音楽に対しても威力を発揮するという。同ソフトウェアは、音楽や映画のデータのうちの1%前後を参照するだけで、オリジナルのデジタルフィンガープリントを作成することができる。フィンガープリントの元となるデータ部分はメディア毎で異なるため、海賊版を作成する者はどのシーンやセクションを削除すべきかがわからないというわけだ。

 Thomsonは現在、同社のコンテンツ保護サービスにおいてこのソフトウェアを使用している。また、同社はこのサービスをDisneyに提供している。

 Advestigoはまた、機密データがウェブサイト上で見つかった場合や、企業のファイアウォールの外に漏れた場合にITマネージャーに知らせるサービスを提供している。

Posted by Michael Kanellos

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー