お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

インテルCEO:「Vistaの今後については静観」

2006/03/27 14:42
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Microsoftによる「Windows Vista」の発売延期の衝撃がいまだIntel社内で波紋を広げている。

 Intel最高経営責任者(CEO)Paul Otellini氏は、カリフォルニア州サンタクララにある本社で米国時間3月23日、CNETの編集者や記者らの質問に答えた。同氏は、Vistaの発売がきわめて重要なホリデーシーズンの後になったことの影響について、「まだ判断ができていない」と述べた。

 Otellini氏は「われわれは現在、影響の把握に努めている最中だ」と述べ、「企業向けの売上には大きく影響はしないと思っている」と答えた。しかし、IntelはVistaの発売延期が一般向けの売上に与える影響については「静観」する必要があるという。

 ウォール街でのIntelの業績に関していえば、IntelとMicrosoftはこの5年間でシェアが減ってきている。Otellini氏はこの件に関して、Dellを引き合いに出して即座に反論した。「会社が大きくなったにもかかわらず(中略)アナリストの中には『素晴らしい年だったが、PC市場は相変わらず行き詰まっている』と不思議に思っている者がいる」(同氏)

 Otellini氏は、「われわれが自らの功績を示さない限り」彼らの意見は変わらないだろう、と述べた。

 投資家らの心がIntelから新興の技術系企業に移ることはあるだろうか、という質問に対し、Otellini氏は次にように返答した。「1000億ドル企業のGoogleが時価総額でIntelを追い越すことは想像しがたい。誰かの預金口座を追い越すことはあり得るかもしれないが」

Posted by Scott Ard

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー