お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

MS、Vistaには7つのエディションを投入か?

2006/02/15 21:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Microsoftは恐らく予定している新機能を全て「Windows Vista」に搭載するだろうが、同社はまだどの機能がどのバージョンに搭載されるのか発表していない。そもそもどのようなバージョンが用意されるのかすら明らかになっていない。

 Microsoftが製品パッケージのラインアップに関して詳細を明かさないのは慣例になっているが、Windows情報サイトのNeowinは、Vistaのラインアップはすでに決まっているだろうと主張する。

 同サイトによれば、Vistaでは次の7つのエディションが用意されるという:「Windows Vista Business」「Windows Vista Business N」「Windows Vista Home Basic」「Windows Vista Home Basic N」「Windows Vista Home Premium」「Windows Vista Small Business」「Windows Vista Ultimate」だ。

 これはVistaの初期テスト版の中でMicrosoftが使用した仮の名称とかなり一致している。さらに、欧州連合(EU)がMicrosoftに「Windows Media Player」を除くよう強制した「N」のバージョンもある。また、「Windows XP」で用意している「Tablet PC Edition」や「Media Center Edition」をVistaでは個別に用意することはないというWindows開発担当責任者Jim Allchinのコメントにも沿っている。

 これに対して、Microsoft広報担当は米国時間2月13日、同社でこれらの噂や憶測についてコメントすることはないと述べた。

 こういった噂や憶測のほかにも、Neowinではまた別の噂も報じられている。Microsoftはそれに対してもコメントを控えている。それによれば、Microsoftが2月16日に、「Office 12」の正式名称(「Office 2007」になるだろうと広く予想されている)を発表するとともに、製品ラインアップを発表する予定だという。

Posted by Ina Fried

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー