お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ヤフー、特典付きサービスを開始か--「Yahoo Search」利用率アップを狙い調査を実施

2006/02/10 17:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Yahooは米国時間2月8日、「Yahoo Mail」ユーザーを対象に、どのような見返りがあれば自社の検索エンジンを優先して使用してもらえるかを調査していることを明らかにした。同社広報担当者によれば、Yahoo Mailユーザーの約5%を無作為に抽出し、調査の協力を依頼したという。

 「われわれは新しいサービスを検討している。Yahooを優先的に使用すれば、ユーザーが特典を得られるというものだ。最初はYahoo Mailユーザーを対象にサービスを提供する。Yahooをメインの検索エンジンにすれば、ユーザーは毎月特典を受け取ることができる。これにより、みんな率先して『Yahoo Search』を検索で使うようになるはずだ」(同広報担当者)

 調査の説明によれば、ユーザーがこのサービスを利用するには、事前にログインするか「Yahoo! rewards toolbar」という特別に用意された検索ボックスから検索をする必要があるという。以下は予定されている特典の一部だ。

• Yahoo Mailに挿入される広告の削除

• 「Yahoo Mail Storage」のストレージ容量の無制限化(無料版では現在1Gバイトのストレージ容量となっている)

• Yahoo Mailを「Outlook」から利用可能に(Outlookか「Outlook Express」を使用してメールの送受信、オフライン閲覧が可能になるほか、Yahoo Mailの管理が可能になる)

• PCやMP3プレイヤーで再生できる楽曲ファイルを無料で毎月5本提供

• 「Yahoo! Music Unlimited」のサブスクリプション料を割引(Yahoo Music Unlimitedを1カ月間無料で提供し、以後、通常月額6.99ドルのところを3.99ドルに割引)

• 慈善団体への寄付(ユーザーが検索したことにより発生した売上の1%をユーザー指定の非営利組織へ寄付)

 Yahooの関係者によると、これらインセンティブの提供をどの程度同社が真剣に検討しているかについて、または、回答者のなかでどのインセンティブが最も人気があるかについて述べることは時期尚早であるという。

Posted by Elinor Mills(CNET News.com)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー