お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

B・ゲイツ、中国進出企業を擁護

2006/01/31 19:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 Microsoft会長のBill Gatesは米国時間27日、自社を含め中国で事業を展開している多くの米ハイテク企業を擁護した。中国で事業を展開するには検閲を受け入れるよう要求される。

 「インターネットにより中国人の政治的関与が高まっている。なぜなら国外へのアクセスは検閲が難しくなっているからだ」、とThe Times Onlineは記事の中で同氏の発言を引用した。

 検閲をテーマにした議論はGoogleが米国時間24日に検閲を受け入れた検索サイトを中国で開始したことで激しさを増している。同サイトは現在広く批判されている。しかし、同社だけが中国当局の要請に従わざるを得なかったわけではない。YahooやMicrosoftもまた当局の要請を受け入れているのが現状だ。

 中国はインターネットを検閲しているが、情報の自由はまだあるとGatesは主張した。

 「中国において情報の流れは大きくなりつつある。国民間の対話が活発化している点でも見てとれるだろう」と同氏はスイスのダボスで開催されている「World Economic Forum」で代表団に述べた。「これがプラスに大きく作用することは間違いない」(Gates)

Posted by Elinor Mills

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー