お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

グーグルのキャッシュ機能は合法--米訴訟

2006/01/30 15:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 ネバダ州連邦裁判所は、ウェブページを自社のキャッシュに蓄積して検索結果の一部として提供するGoogleのサービスについて、著作権の侵害にはあたらないとの裁定を下した。

 同訴訟は、作品を一度サイトで発表し、その後公開を取りやめた場合もユーザーから内容を見られてしまうことに不満をもった作家によって起こされた。しかし、同裁判所によれば、この作家は自身のウェブページがアーカイブされないよう設定していなかったという。

 また同裁判所は、Googleのキャッシュが公正に複製/送信されており、同社のデータベースには「Digital Millennium Copyright Act(DMCA:デジタルミレニアム著作権法)」のセーフハーバー(safe harbor)条項が適用されると述べる。同条項は、著作権に反したコンテンツが投稿されても、それを直接管理することができない立場にあるインターネットサービスプロバイダ(ISP)やオンラインサービスプロバイダ、データベースなどを保護するものである。

 Googleは長い間、同社のキャッシュにウェブページがアーカイブされないようにして欲しいと希望するコンテンツ制作者向けに、これを実現するための設定方法を提供してきた。それにも関わらず、Googleのキャッシュシステムは、昔作成したコンテンツを販売する新聞社などのウェブサイトから非難されている。

Posted by John Borland

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー