お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

米で旧Xboxを改造/販売した3人組が起訴される

2005/12/22 19:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 ロサンゼルスにあるゲームショップのオーナー2人と男性1人が、ゲーム機Xboxを改造して販売し、著作権を侵害したとして、米国時間19日に起訴された。検察当局によると、被告らは最高5年の懲役刑を科される可能性があるという。また、当局はこの改造によって、Xboxで海賊版のゲームを動かすことが可能になっていたと述べる。

 3人組は「共謀して著作権保護機能を解除するテクノロジーを不正に取り引きし、著作権を侵害した」と、カリフォルニア中央地区連邦地方裁判所の声明には書かれている。また、これはデジタルミレニアム著作権法(DMCA)に違反しているという。

 伝えられているところによると、ロサンゼルス、メルローズ通りでACME Game Storeを営むJason JonesとJonathan Bryantの2人はカリフォルニア州ピコリベラ在住のPei Caiが改造したXboxを販売したとされている。

 Caiは、Xboxに改造チップと大容量ハードディスクを取り付け、ゲームをXboxにコピーできるようにし、ユーザーがレンタル店や知人から借りたゲームを返却後も遊べるようにしたという。購入者は改造料として225〜500ドル以上の額を支払うこともあった。

 捜査の段階で、入国・税関取締局(ICE)の秘密捜査員は265ドルを支払って、改造チップとハードディスクの取り付けや、海賊版ゲーム77タイトルのインストールを被告らにしてもらったという。

Posted by Joris Evers(CNET News.com)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー