お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

iPodも危なかった--ソニー「rootkit」CDが持つ別機能

2005/12/06 19:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

CNET Japan編集部

CNET Japanの編集スタッフと米国CNET News.comのスタッフが、手に入れつつもニュースに乗せ切れなかったITやインターネット、モバイル関連の情報や取材でのこぼれ話、うわさ話をお送りします。
ブログ管理

最近のエントリー

 論議を最近呼んだソニーBMGのコピー防止ソフトウェアを調査したPrincetonの研究者らが、興味深いものを発見した。調査結果から判断すると、どうやら同ソフトウェアは、CDの楽曲や通常のMP3ファイルを、Appleのコピー防止技術「FairPlay」に対応したファイルに変換するコンポーネントを隠し持っているという。

 これは、楽曲がiPodで再生可能になることを意味しており、コピー防止機能付きCDではこれまであり得なかったことだ。このようなことを実現するには明らかに、オープンソースながら著作権があるコードを使う、つまり、プログラミング界では禁じられていることを行ったことになる。

 このことがどのような過程を経て可能になったかは、今のところ不明だ。レコード会社各社は、自社のコピー防止機能付きCDとiPodとで、いつかは互換性を確立したいと望んでいる。EMI Musicは、同社のCDがまもなく互換性を持つと明らかにした。しかし、Appleは、EMIの発言を否定している。

Posted by John Borland

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー