お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

平野日出木さん、本当にそれでいいんですか?(下)

2006/11/24 21:19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

佐々木俊尚

現役ジャーナリストが、長年培ってきた取材経験などを通して、IT業界のビジネス動向から事件まで、その真相をえぐり出します。
ブログ管理

最近のエントリー

 11月10日、鳥越俊太郎編集長のクレジットで、「この記事にひと言」欄への参加方法を改定しますという記事が掲載された。11月17日正午を持って、オピニオン会員を廃止し、書き込みできないようにするというのである。これはオーマイニュースにとって、決定的な判断だった。

 この直前、私は平野デスク、市民記者組織本部の田中康文氏とミーティングしている。この時、田中氏は「オピニオン会員を残し、その登録ハードルを上げるA案と、オピニオン会員を廃止して市民記者に一本化するB案がある」と説明し、「市民記者とA案におけるオピニオン会員の違いは、ただ銀行口座を書いてもらうかどうかだけ。だったらいっそ、すっきりと市民記者に一本化するB案の方がわかりやすいと思う」と話した。

 私は彼に「それは違う」と異論を唱えた。そしてこう説明した。「オピニオン会員という制度はたしかにオーマイニュース編集部という運営サイドの側が恣意的に作ったものだけれども、その制度が実際に運用されて動き出せば、そこに集まってくる人たちによって新たな文化、新たな圏域が作られていく。仮にオピニオン会員と市民記者が制度的にはほとんど同じものだったとしても、そこに『差がない』と言い切ってしまうのはあまりに無神経すぎるし、そのような無神経さではネットのCGMを運営することはできないのではないか」

 インターネット上のコミュニティ、CGMというのはある種の「空気」のようなものをネット上に作り出すことであって、そこに集まってきたさまざまな人たちは、ともに同じ「空気」を醸成していく。その「空気」は制度でもアーキテクチャでもなく、あくまでも言葉にできない皮膚感覚のようなものであって、運営企業の側が細心の注意をしなければ簡単に壊れてしまうし、一度壊れてしまえば、元通りにはならないのだ。

 だがその日の夜、編集部はB案で決定した。当然、この記事のコメント欄では、オピニオン会員からの猛反発が巻き起こった。これらの反発に対して、田中氏はコメント47番で以下のように書いた。

編集部では、大変真剣な検討を行ってきました。また、今でも細かい部分を含め、本当にいろいろな可能性を毎日考えています。ただ、そのプロセスが見えにくいというご指摘に対しては、まったくもってこちらの力不足です。

 これに対して52番でだつきよ氏は、こう質問を投げた。

恐縮ですが、そのように認識されているのであれば、今回決定したそれぞれの項目に対して、何故そのような決定に至ったのかを記事にして掲載されてはいかがでしょうか?
今回オピニオン会員の皆さんが辛辣なコメントを寄せているのは、その決定に至るプロセスが非常に不透明であり、しかも一方的であるからです。どのような経緯であれ、十分な説明があるなら良識あるオピニオン会員の皆さんはある程度納得できるであろうと思います。
行政や企業に透明性が求められているようにOhmyNewsにももっと透明性を求めたいです。

 また84番で、ひらりん氏からのこんな意見もあった。

 オピニオン会員側の検討プロセスと編集部の検討プロセスに断絶があるのは何故か?
 編集部はオピニオン会員ときちんと向き合って議論してこなかった。その後オピニオン会員は独自の議論、提案を行ってきた。無駄な労力を使っていたのか?
 結論にいたるレールが編集部によりあらかじめしかれていたなら、なぜその過程をオープンにできなかったのか?

 これに対して田中氏は、「記事が掲載された時点では、『編集部の検討プロセス』はあっても、『オピニオン会員の検討プロセス』の登場を認識できていなかったかもしれません。そのため、日々検討して、そして『編集部内の検討プロセスでは十分に皆さんの意見を反映しています』といくらお伝えしても、それがオピニオン会員の皆さんの側に見えない。単発の編集部コメントの登場でしかなく、『双方による検討プロセス』の体をなしていなかったのかもしれません」と返答し、編集部の意志決定プロセスに欠陥があったことを素直に認めたのだが、しかしこうした田中氏のような意見は編集部の総意ではなかった。

 結局のところ、編集部はオピニオン会員の議論とはまったく別の場所で独自の議論を行い、そして独自の決定を下したのだった。そうであれば、「悩んでいます。議論をしてください」と言われ、三週間にわたって激論を繰り広げてきたオピニオン会員たちが怒らないわけがない。「意見を求める」と編集部が公言するのであれば、「形式的に意見を求めたのだから、それでOK」とするのではなく、きちんと意見を集約することが運営側の責務である。しかし平野デスクは私に対し、ミーティングの場で「とりあえず意見を求めたという形だけを作れば、それでOKなんじゃないの?」と言い出したこともあり、その発言に私はかなり仰天したのだった。

 平野デスクはコメント307番で、編集部の決定プロセスを公開した。

集部に最後までの残った案は2つあって、そのひとつは137でたろちゃさんからご提案いただいている(1)(2)(3)に近いもの、すなわちオピニオン会員を残し、その登録ハードルを上げるというものでした(具体的には、銀行口座以外は、市民記者と同じ項目を記入していただく)。
これをA案、11日に鳥越が記事化した市民記者と統合する案をB案として、この2つのオプションを、我らが佐々木俊尚編集委員と、日ごろアドバイスを頂戴している藤代裕之氏にご意見をうかがいました。佐々木編集委員はA案を推し、これに対し藤代氏はB案を推しました。私個人的にはA案でした。(編集長は明言しませんでしたが、推測するに、コメント欄不要説だったかと思います) 最終的にB案に決めたのは、普段、私たちはネット界の大先輩である佐々木、藤代両氏のアドバイスをいずれも尊重しておるのですが、今回のケースの場合、サイト運営にかかわりが深い後者の発言を重視したこと、市民記者獲得に直接関わる田中がB案を推したこと、コメント欄で編集部・西野浩史の成りすましが出たこと、弊社取締役からシステム的にコストの少ない方法を取るよう指示が下っていたこと(詳細は省きますが、A案の方が当面の資金の出が大きい)などを総合的に勘案してです。

 そしてこのコメントの最後に、彼はこう書いたのである。「たろちゃさんのご試案の(1)(2)(3)で、もし、現在の編集部決定に反対の方が1本にまとまるのであれば、それで行くよう当方の関係者を説得いたしましょう」

 「たろちゃ試案」というのは、次のようなものだ。(1)コメント欄は現状のニックネーム+IDを継続。(2)記事を増やすために記事にもニックネームを許容する。ただし、本人性の確認は厳しくし、住所の確認および銀行口座の確認は必須。(3)オピニオン会員の本人性の確認のため、住所の登録は必須とする。ただし銀行口座、所属する会社名などについては必須項目とはしない。

 実のところ、このあたりの制度の問題に関してはさまざまな意見や異論もあるだろうし、今回のエントリーで書きたい中心テーマではない。私がこの長いエントリーで主張したいと思っているのは、オーマイニュースというサイトの制度の話ではなく、市民ジャーナリズムを標榜するメディアが、どのようなプロセスで意見を集約していくのか、ということだ。

 ネットのメディアが「場」であるとすれば、その場には漠然とした空気が作られていく。掲示板やブログコメント欄などで書かれる「空気読め」というのが、その空気に最も近いものかもしれない。かりにその場で醸成された「空気」が、オピニオン会員の廃止の方向へと集約されていくのであれば、それはそれで構わない。つまりは主導権はユーザーの側にあるのであって、運営側にはない。このあたりの「主権」をどう見るかが、実のところ、ネットコミュニティではもっとも重要な概念なのだ。

 では、そこで集まってきた意見や議論というのは、どのように集約されていくべきなのか。単にさまざまな意見を聞くというだけであれば、それらの意見はそのまま雑然と放置されていても構わない。だがそこにある種の世論形成機能を求めるのであれば、何らかの仕掛けによってその集合知をまとめていくスキームが必要になってくる。

 そしてもちろん、そのスキームを実行に移すのは、「場」を運営している側である。今回の例でいえば、オーマイニュースがコメント欄での議論の行き先を見守り、それらの議論の意見がうまく集約していくように人的に対応すべきである(もちろんその集約がアーキテクチャによって行われればそれに越したことはないのかもしれないが、しかし現在のところオーマイニュースのコメント欄にそうした機能は実装されていない)。

 しかし平野デスクは、なぜか「とりまとめ」をオピニオン会員の側に投げてしまう。投げられたたろちゃ氏の側も、困惑のコメントをこう返した。「平野さん、A案は僕が言い出したことだから僕にまとめろ、と言っていますが、僕は無給料でやっていることをきちんとわきまえてくださいね。本来であればこの作業というのは「われわれも議論に加わります」と言った編集部がやらなければならない作業だってことを理解していますか? 編集部が「ひと言欄をどうするべきか」についてオピニオン側に意見を求め、それを議論しながらまとめていくのが筋ですよね」

 さらに決定的だったのは、この後の議論の結末である。

 たろちゃ氏をはじめとするオピニオン会員たちは、平野氏の「一本にまとめてください」という提案に従って、その後も議論を続行した。スラッシュドットのコメント評価システムの導入を求める提案も出たほか、11月17日の執行をいったん停止し、議論を続行するように求める声も少なくなかった。「鳥越編集長の署名で発表されているのだから、鳥越編集長が議論に参加するべきではないか」という声もあった。ところがこうした声を無視するように、11月14日には改定内容を既成事実として書いたメールが、オピニオン会員全員に送信される。

 対案を出し、「一本化してほしい」と下駄を預けられたたろちゃ氏はこの日、叫びが聞こえてくるような内容のコメントをアップロードした。

平野さん、どうしましょうか?
平野さんの感覚にしますか?
それともこれから僕が「このひと言欄でこの人とこの人から賛同をいただきました」というリストを作れば良いですか?
#と言ってもリストを作ってもそのリストで充分かどうかは結局平野さんの判断になるわけですが。

 そして664番で、平野デスクのとどめの一撃が来る。

取りまとめのご努力、アタマが下がります。ただ、やはりまとまらない感じですよね、残念ながら。

当方のBATNAであるA案でそちらがまとまるようであれば、後はこちらは対応すると申し上げましたが、「相変わらず鳥越氏は出てこない。…編集部は信用できない」(636aikimaruさん)、「編集部はだれも、オピニオンの意見を聞こうなんて思っていないでしょう。…市民記者には双方向で自由を保障するが、その資格は編集部様に身も心もさらけ出した同士でなければならぬ」(621勤務医Aさん)、「結局編集部は『オピニオン会員ともこんなにも話し合いました!』…ってポーズを取りたい為に最低限出てきただけみたいですねw」(593かざまさん)といった声が絶えません。

メールが来ないという不満があるかと思えば、メールが届けば「エンタメにカテゴリされていることから察するに、実は編集部による壮大な釣りではないかと思う。しかしわざわざメールまで出すとは」(628Xさん)、「届きましたよ!オーマイニュースの自殺予告が」(619スナギモさん)、「おれの所にも北――!相変わらずですな、社会人としての常識ネットとしての常識もないのか」(599吉田光男さん)とおっしゃります。ちなみにメールで「改正案」とあったのは誤記で、正しくは「改正」です。

加えて、「所詮はペテン禿の企業の提灯記事を書くために作られたメディアだったのか」(596straysheepさん)とのご批判や、「一度認めてしまえばずるずると永久に認めざるを得ない、日本人は…痛いほどそれを学んでいるはず(だから10日の決定を覆さずに初心を貫徹しろ、丸カッコ内平野解釈)」(611罵倒観音さん)とのアドバイスも頂戴しました。

ほかにもスナギモさんのような独自案をお持ちの方、乾坤老士さんのように編集部案を推してくださる方、さまざまです。要するに、有力オピニオン会員の方のご意見はいろいろあって、いいたい放題、収束しないということです。ここまで当サイトを愛してくださった方々が抜けてしまわれる点については、大変惜しいと感じておりますが、A案でも、たろちゃさん案でも、編集部の決定でも、不平不満は続くだろうし、おっしゃりたい放題、遊び放題は続くだろうということです。ということで、編集部で再度検討した結果、10日の既定方針通り、オピニオン会員の市民記者への登録ご変更で対応することにいたしました。

 本来、編集部でとりまとめを行うべきだった議論を放置し、「そちらでまとめてください」とボールを投げ、さらにそのボールに対してすがるようにオピニオン会員たちがあれこれと議論をしたことに対して、「やはりまとまらない感じですよね」のひとことでバッサリと切り捨ててしまったのである。さらにこれらの議論に対しても、「不平不満は続くだろうし、おっしゃりたい放題、遊び放題は続くだろう」という表現で切り捨ててしまった。

 もちろん、ネットのコメント欄での議論である以上、議論は整然とは行われない。さまざまな意見が出るし、中には遊びのコメントや罵声、皮肉も流れ込んでくる。だがそこにはある種の空気が醸成されていっているわけで、その空気がどの方向に向かうのかを慎重に見極めながら、議論の行く末を制度改正案へとまとめていく――それが編集部に求められていた役割だった。だが平野デスクはノイズのような意見ばかりをあげつらい、そうして「やっぱりこんなふうにノイズが多くてまとまらないじゃないか」と言い切ってしまったのである。

 オーマイニュースはジャーナリズムのメディアである、そしてネットのコミュニティでもある。新聞やテレビのような旧来型メディアであれば、ベテラン記者やデスクが若い記者に対して高見からモノを言い、指示することも許される。だがネットのコミュニティでは、運営企業はいかにユーザーの意向をうまく取り込み、最善のコミュニティ運営をしていくのかが求められている。さらにいえば、オーマイニュースは「市民参加型ジャーナリズム」という高邁な理想を標榜しているではないか。

 果たしてこれで良かったのか。

 先にも書いたように、ネットのコミュニティにおける主導権は、利用者の側にある。たとえば「ユーザーイノベーション」という言葉で象徴されているように、企業の側が主導権を握って消費者の声をすくい上げるのではなく、消費者の意見が主導権を握り、イノベーションをリードしていくような方向へといまやネットの世界は進みつつある。「ユーザー主権」なのだ。「市民みんなが記者だ」という言葉で、ユーザーが記者として内部化していくことを前面に打ち出したのであれば、それらユーザーの声を黙殺し、主導権を編集部サイドで確保するというのは、自己矛盾ではないのか。

 そしてこの自己矛盾を体現するかのように、オーマイニュース編集部の中からは、彼らがユーザーをどう認識しているのかということを象徴するような発言が飛び出してきている。たとえば、西野浩史デスクは沖縄県知事選・勝敗を分けたのはというオーマイニュースの記事で、記事に対して批判した二人の市民記者に対して、こうコメントで書いた。

罵倒観音(hogehoge)さんとTrueno(AE86)さんの書き込みを拝見して思うのは、「この人たちは自分の実名を出して同じことが言えるだろうか」という疑問です。ネットの世界でたまに出会う人種ですので、そういう意味で大変興味深く拝見しています。

 市民参加型ジャーナリズムを実践している編集者が、「人種」という言葉を軽々しく発するというのはどうだろうか。また西野デスクは、自分のブログで、次のようにも書いている。

 インターネットのサイトを通して仕事をしていると、読解力が欠如した人に出会う機会が増えた。コメント欄にトンチンカンなことを書いてくるのである。
 例えば共通テストレベルの現代文の試験を課して偏差値70以上でないと書き込めないようにする、といったことができればとりあえず排除できるかもしれないなどと考えてしまう。
 人生は短い。有意義な人間関係を築きたいものである。

 私はこの段階で、かなり絶望的な気分になっている。

 ……しかし私は、まだこのオーマイニュースという場所の可能性に一筋の光明を期待している。何度も何度も言い続けていることだが、もうしばらくは付き合いたいと思っている。かなりあちこちで「内部批判の暴露原稿みたいなものを外部のメディアで書いて、頭がおかしいんじゃないか?」と非難されてきた。だがこうやってオーマイニュースの問題点をパブリックな場所で表出していくことで、どこかで何かの可能性を見いだすことができるのではないかと思っているし、そう信じたい。それはかなりドンキホーテ的な行為だと自分でも重々承知しているのだが……。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー