お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

敷居が高いイメージが植えつけられてる?リスティング広告

2007/01/25 15:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

saeki

セプテーニのSEMソリューションセンターでシニアマネージャーを務める佐伯竜司氏が、SEO、SEMの基礎から実際に役立つノウハウまでを、理論ではなく実践できる内容としてわかりやすく解説します。(このブログの更新は2007年1月25日で終了しました)
ブログ管理

最近のエントリー

前回はリスティング広告の敷居は低い!という題材で記事を書きましたが、その後社内・社外問わず「リスティング広告の敷居が低いなんて事無いだろ!」というご意見を頂きました。なんでそんな難しく考えるんだろう?と感じたのと同時に、確かにつっこんで行くと幾らでも深堀り出来る世界だから、思わず突っ込みを入れたくなるのも当然かなと思いました。

なので今回は「実際に敷居が低いリスティング広告」のやり繰りの方法について説明させて頂きます。

私がやっている事は一切難しい事は無く、リスティング広告を知っている方からすれば、「たったそれだけ?」と必ず言われるでしょう。

■最低金額でしか入札しない
■使おうと予め思った金額しか使わない
■完全一致しか入札しない
■入札合戦には応じない
■キーワード量で勝負!

ポイントなんてこんな物です。極めてシンプルな運用です。

まず、最低金額でしか入札しない。これであたりまえですが、そのキーワードにおいて一番安い単価でクリックを獲得出来る事になります。

使おうと思った金額しか使わない。これも重要です。特に個人レベルで管理をしていると、2〜3日管理画面を見るのを忘れてて、知らぬ間に想定してた予算を超えてしまった!という事を防ぐ事が出来ます。もちろん事前に総予算を決めて運用していればこういった事は起きない訳ですが、そういう運用が出来る事自体を知らない方がまだまだいらっしゃるのです。知らなければ当然「毎日必ず管理画面に入ってチェックして・・・」という先入観に繋がる事もあるでしょう。私は設定が完了した自分のアカウントは月1回しか見ません。数千円の予算ですから、毎日チェックなんてしてたらそもそもコストパフォーマンスが悪くなります。

完全一致しか入札しない。これも至極当たり前ですが、完全一致だと広告が表示される回数自体も少なくなりますし、狙ったキーワードの検索そのままで広告が表示されますから、無駄を減らす事が出来ます。この業界に居ると既に当たり前に感じてしまいますが、これもまだまだ完全一致って何?って聞かれる事もあるんです。完全一致の意味の解説は他の専門的なWEBサイト等を調べて頂く事をお勧めします。とてもわかりやすく解説してありますよ。

入札合戦に応じない。これも重要です。どうもピンポイントで「このキーワードでは1位に出ていなければ駄目だ!」と思って必死に入札合戦をしている方がいらっしゃいますが、例えばリスティング広告に多額の予算を投下して、誰もが知っている位に認知度が高い企業同士だったら競り合ってでも上位に・・・というのはわかりますが、数千円の予算で入札合戦をしてたら、即予算を消化して終了です。よほど特殊な状況で無い限り、リスティング広告の競合が少々居た所で、目くじらを立てる程の成果の違いはありません。数千円運用では、運良く自分の所がお客様の選択肢に入れたらラッキー!と思って割り切った方が精神衛生上も良いと思います。

キーワード量で勝負、これもアイデア次第ですね。中には業界・業態によって多くのキーワードを抽出する事も出来なければ、そもそもWEBサイトにコンテンツが無い事もあります。その場合は数千円リスティング広告には向いていないかもしれません。キーワード量を増やす事は、多くのWEBサイトへの誘導を獲得する「可能性」を得る事になります。取り扱っている商品やら、お客さんが求めて来そうなキーワードを組み合わせると、結構キーワードって絞り出す事が出来るんです。レポートを見たら当月の検索回数が0回だった?いいじゃないですか!いつかお客さんが検索して来るかもしれないんですから。

今回記事を書いていて、改めて思うのが、大きい広告予算を持った企業と、SOHO・個人事業主の方や小規模の会社の方で、全く運用に対する考え方が違うよなーと思ってしまいました。予算も規模も違えば当たり前ですが、細かく手入れしない!クリックがあればラッキー!一つ一つのキーワードに執着しない!というのは、全く相反しています。

随分とSEMも浸透し、色々な観点からプロフェッショナルの方が理論を持って高度な運用に取り組んでいます。でも、もっとシンプルに肩肘張らずに付き合うSEMも存在する事を更に沢山の人に知って貰えればな、と思います。リスティング広告の媒体によっても出来る出来ないがありますし、厳密に設定方法も違いますから、色々な方法論や意見が飛び交うのは当たり前でしょう。でも、もっとシンプルな考えで、リスティング広告の素晴しい点をアピールして行きたい。

リスティング広告なんて全くわからなくて、予算も全然ありません!という方々が、もっと積極的にリスティング広告を利用出来る様なセミナーなんかを、いつかやれるといいなと思います。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー