お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

プロマネが身に付けるべきスキル - コーチング編 -

2009/11/13 15:05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

山田ひさのり

私がプロジェクトマネジメントを実践したり学習したりしていく中で、ためになった考え方やノウハウを紹介していこうと始めましたが、その後ケータイ/ソーシャルビジネスを中心の情報発信に変化しました。暫くの間更新が滞っていましたが、私の転職をきっかけにグロースハック/ハッカーの情報を発信するグログとして投稿を再開しました。
ブログ管理

最近のエントリー

プロマネが身に着けるべきスキルはいろいろとありますが、その中の一つにコーチングがあります。コーチングは非常に流行っているので皆さんもご存知かと思いますが、ある人が目的を達成するためにモチベーションをUPさせたり、問題を意識させたりするために使うツールの一つです。詳しくは以下のサイトを参照して下さい。

▼コーチングとは

http://www.coach.co.jp/

コーチングは米国で生まれた考え方ですが、これを日本に持ち込んだのは伊藤守さんという方です。コーチングの一次情報は伊藤さんから取得することが最適です。

▼伊藤さんHP

http://www.itoh.com/

▼代表著書(コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる)

http://www.amazon.co.jp/コーチング・マネジメント―人と組織のハイパフォーマンスをつくる-伊藤-守/dp/4887592051/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1250902862&sr=8-2

コーチングのツボ

 コーチングにはいろいろな側面がありますが、私が大事だと思うのは「人にやる気を起こさせるにはどうしたらいいのか?」という問題に対する方法です。この問題に対して上記の書籍では、

  • やる気とは一体何なのか?
  • やる気はどこからやってくるのか?

という問題提起をし、コーチングによってそれらを充足させる方法を説いています。非常に興味深いですね。

コーチングを身に付けるには

 コーチングを身に着けるには主に以下の手順を踏みます。

  1. 書籍で基本的なことを学習
  2. セミナーなどに参加
  3. ひたすら練習
  4. 資格取得する

セミナーなどはGoogleで「コーチング セミナー」などと検索すれば山のようにHitします。セミナーの質ももピンキリのようですがなるべく、下記の資格を発行している団体の認定コーチが講師をやっているセミナーを受けた方が良いと思います。

 コーチングの練習サイトとしては相互コーチング.jpなどが有名です。ここはコーチングしたい人とされたい人をマッチングさせてくれるサイトで無料で登録、利用が可能です。私も過去3回ほど利用しましたが、たまにプロのコーチの人が練習に使っているのに当たったりしてとても使えるサイトです。

▼相互コーチング.jp

http://sougo-coaching.jp/

資格のお話

日本で認められているコーチングの資格は主に2つです。

  1. 日本コーチ連盟認定コーチ
  2. 生涯学習開発財団認定コーチ

1は国際コーチ連盟(ICF)の日本法人(一般法人)が認める民間資格です。2は生涯学習開発財団(財団法人)が認める公的資格です。2の方が歴史が古く、2009年8月現在では一般的には権威ある資格とされていますが、ICFのお墨付きがある1は今後伸びてくる資格だと思います。

プロジェクトマネジメントとコーチング

プロジェクトマネジメントの管理対象はプロジェクトですが、これはより本質的にはチームであり、=人間です。コミュニケーションはどこまで行っても1対1なのでコーチングのスキルが有効なのは言うまでもありません。もちろんコーチングとて万能ではありませんが、使いどころを捕らえて有効に使用すればメンバのモチベーションをUPさせ、プロジェクトのパフォーマンスを向上させる有効なツールとなることは私の経験上も実感しています。

皆さんも一度はセミナーに参加されることをお勧めします。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー