お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

良質の情報を効率よく集める方法

2009/10/16 18:14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

山田ひさのり

私がプロジェクトマネジメントを実践したり学習したりしていく中で、ためになった考え方やノウハウを紹介していこうと始めましたが、その後ケータイ/ソーシャルビジネスを中心の情報発信に変化しました。暫くの間更新が滞っていましたが、私の転職をきっかけにグロースハック/ハッカーの情報を発信するグログとして投稿を再開しました。
ブログ管理

最近のエントリー

 皆さんは日々の情報収集を如何にして行っていますか?

現在はあらゆるメディアにニュースや情報があふれていますが、「自分にとって価値のある情報」という意味では非常に集めるのに苦労します。今日は最近私が確立した情報収集方法について端的にお話します。ちなみにこの収集方法が有効に働く対象者として、以下の条件を持つ人を想定しています。

  • 経営や事業戦略に関わっている人
  • (主に)ITの分野に関わっている人 

社長さんのTwitterをフォローしまくる

ズバリこれです。これはかなり効きます。Twitterを利用しているIT系の社長さんは多いですが、彼らがTwitterにつぶやいていることは非常に情報感度が高く、興味深いニュースが高確率で含まれています。それはそうですよね。そもそも経営に関わる人は世の中の対局を素早く冷静に読まないといけないのですから。進歩の早いWebの世界などはなおさらです。

私は多くのIT系社長さんのTwitterをフォローしていますが、まあ情報が早い早い。しかもそれらの情報はゴシップ系の記事などではなく、ビジネスの種になりそうなものばかり。吸収合併、規制緩和、M&A、新技術の発表、業界の決算発表など、それはそれはビジネスの判断に役立つ情報ばかりです。また、私は今まで「社長さんは忙しいので情報感度は低い」と思っていたら大間違い。そのつぶやきタイミングの早さにも圧巻です。1次情報が公開された数分後にもうつぶやいています。

でも考えてみれば1次情報に近い立場なんだから、当然と言えば当然ですよね(w

社長さんのBlogしか読まない

これは有名ですが、より徹底的に行います。私のニュースリーダーはIT系の社長さんのフィードしか登録していません。BlogはTwitterとは異なりある程度まとまった情報が書かれるので、大体はその人の考えが入っています。しかもその多くは、「今世の中で起こっていることの自分なりの解釈」だったりします。こういう情報はリアルにその人と話さないとなかなか得られるものではありません。

雑誌や書籍で読むことはできますが、タイムリーさと編集が入っているという点でBlogに劣ると思います。

その解釈の鋭さ、的確さといったらこれも脱帽です。 有名な社長さんが如何に大局的に世の中を見て自社の動きを判断しているかを伺えます。リーマンショックでも(再び)証明されましたが、所詮人間の営みはマクロの流れに逆らうことはできません。「マクロを見てミクロの行動を決める」、まさしくそんな考え方に触れることができます。こういうのは経営者ならではの視点ですね。

まとめ

良質の2次情報を得る方法。

  1. 社長さんのTwitterをフォローする
  2. 社長さんのBlogを読む

私はこれで一切ニュースと雑誌を読まなくてもよくなりました。ホントです。

ちなみに情報感度が高くて分析力が鋭い人であれば、必ずしも社長さんである必要はありません。ただ(特にIT系の)社長さんはそういう方の割合が多いので、1人1人を吟味して情報ソースを選別するぐらいなら、「IT系の社長さん」で一気にフィルタをかけても、高確率で良い情報が手に入ります。

お試しあれ。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー