お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

書籍のフォローアップ ~書評、イベント、TV出演など

2017/01/19 03:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

野村 直之

『人工知能が変える仕事の未来』https://goo.gl/9N7cJE ・書籍帯の紹介文より: 「…ここ数年、毎日のように、人工知能についてのインパクトのあるニュースがいくつも流れる中、人工知能の産業応用について一貫して考えつづけた結論をまとめたものです。その背景には、筆者が1985年以来、職業的にAI、自然言語処理の研究開発に従事し、1993年から1994年にマサチューセッツ工科大学人工知能研究所の客員研究員(Visiting Scientist)として、ノーム・チョムスキー(自然科学としての言語学を創始)、マービン・ミンスキー(人工知能の父)、ジョージ・A・ミラー(認知心理学の開祖、ワードネット[WordNet]プロジェクトを創始)他の薫陶を受けながら脳内の言語知識のモデルを研究した経験、その成果を踏まえて、類似検索の体感精度を改善したり、高精度な文章要約システムを開発したりした経験があります。  …AIの産業応用や、AIが浸透した社会における人間の役割、教育のあり方などに興味、関心をもっておられる方に、必ずや、お役立ていただくことができると思います。  (「はじめに」より)」
ブログ管理

最近のエントリー

書籍「人工知能が変える仕事の未来」の書評が、1/15以降、メジャー紙、雑誌に掲載され、ここ1週間ほど、オンライン書店で軒並み品切れとなっております。ご迷惑をおかけしています。実店舗では在庫ある書店もあり、さきほども、東大本郷の生協書籍部に3冊残っているのを確認してまいりました。また、出版社には20日に再増刷分が納入され、オンライン書店には、1/23から順次在庫が復活の予定です。Amazonで5つほどのジャンルで、1/15-6にベストセラー1位となりましたが、1時、納期1~2か月と表示されてからさすがに予約も減って売れ行きが落ちました。しかし、発送日が明記されるとともに復活するとともに、ビジネス・IT、インターネット・Web開発のジャンルなどでは、「欲しい物」ランキングの1、2位となったりしています。ありがたい限りです。

書評や、関連の記事、今後電子書籍化と同期とって、オンライン索引(意味で引けるなどの新機軸もいずれ追及!}などを、まとめページ、http://www.metadata.co.jp/book-01.html のほうに掲載してまいります。改めて、多くの書評やインタビュー記事、また、ツイッターでのご感想などを拝見するにつけ、1/15 日経朝刊15面「この一冊」に日本リサーチ総合研究所・藤原裕之さんが書いてくださった書評が実に熱く、共感を呼ぶ力があったのでは、と思えます。
「・・・過剰な期待感と脅威論が入り交じる今回の第3次AIブームに対し、AI応用開発の最前線に立ち、幅広いビジネスの現場にも詳しい著者が、AIの現状を限りなく正確に伝えようとしている。」

ご自身が、ツイッターでつぶやかれている書評の紹介文です:
「AIブームをバブルで終わらせない著者の気迫が500頁近い大作になった良作です。」

決して、AIブームに水を差そうとした書籍でないこと、むしろその正反対であることを力強く宣言してくださっています。

書評以外ですが、来週からマイナビさんのコーナーに、AIと情報システムについての連載を始めます。全10回の予定です。1/21土曜の17:00-東京MXテレビ「田村淳の訊きたい放題!」に、数分間登場して、語ります。取材されたときのことを思い出して、ここと同じCnetのイベントページに要旨を書かせていただきました。

書籍のフォローアップとしては、書籍中で取り上げた最先端のテキストマイニングツールをハンズオン体験できる機会をご提供することも含まれます。これに先立つ出版記念セミナーは、1/15早々に満席になりましたので、2/20にその次を開催することにいたしました。まだ、特定のAI応用目的、課題、予算などがみえていない場合などは(見えていても大歓迎ですが;笑)、ぜひこのような場をご利用ください。どうぞよろしくお願いいたします。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー