お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

2013年、人の知性拡大を支援するソフトウェア、テキストマイニングに邁進します。

2013/01/10 16:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

野村 直之

『人工知能が変える仕事の未来』https://goo.gl/9N7cJE ・書籍帯の紹介文より: 「…ここ数年、毎日のように、人工知能についてのインパクトのあるニュースがいくつも流れる中、人工知能の産業応用について一貫して考えつづけた結論をまとめたものです。その背景には、筆者が1985年以来、職業的にAI、自然言語処理の研究開発に従事し、1993年から1994年にマサチューセッツ工科大学人工知能研究所の客員研究員(Visiting Scientist)として、ノーム・チョムスキー(自然科学としての言語学を創始)、マービン・ミンスキー(人工知能の父)、ジョージ・A・ミラー(認知心理学の開祖、ワードネット[WordNet]プロジェクトを創始)他の薫陶を受けながら脳内の言語知識のモデルを研究した経験、その成果を踏まえて、類似検索の体感精度を改善したり、高精度な文章要約システムを開発したりした経験があります。  …AIの産業応用や、AIが浸透した社会における人間の役割、教育のあり方などに興味、関心をもっておられる方に、必ずや、お役立ていただくことができると思います。  (「はじめに」より)」
ブログ管理

最近のエントリー

 明けましておめでとうございます。

 ソーシャルがますます加熱し、顧客をはじめ外部とのやりとりがリアルタイムする中、"社内ツイッター(リアルタイム系SNS)"も、有力企業がこぞって検討するようになってきているようです。自治体や金融機関など個人情報を多く預かる業界での社内ツイッターには、容易に投稿できちゃうメリットと表裏一体で、機密情報が一瞬で全社共有され、漏洩リスクが数百倍になる、という懸念もあります。昨年は早々に、そんな案件で、弊社のリスク対策クラウドサービスの「個人情報99(きゅーきゅー:救急)」が活躍しました。

 パラダイムシフト、というのは何時起こるのか、明確には体感できないことが多いようです。それを通り過ぎて大分たってから「あ、転換してたんだな」と悟るようなものかもしれません。IT Pro中田記者が、下記のように今年の大テーマをまとめています:


★「第3のプラットフォーム」が台頭 2013年、ITベンダーは新ビッグ4を追う

        「クラウド、ソーシャル、ビッグデータ(野村直之監修のオライリー本はこちら)、モバイルが情報システムの新たなプラットフォームになる(by IDC Japanの中村智明氏)」とのこと。ここでプラットフォームは、APIを提供するソーシャルインフラという狭い定義ではなく、かつてのメインフレームという第1のプラットフォーム、クライアント・サーバシステムという第2のプラットフォームを経て、ようやく、第3世代といえる、これら4つをセットとしたトレンドに支えられるIT、という位置づけのようです。

 そういえば、クラサバを象徴する基本ソフト製品だった、Windows Serverも、最新のWindows Server 2012 は、「クラウドOS」と称していて、上記4つを支える基幹部品、とされていますね。

 私のメタデータ株式会社も、クラウド、ソーシャル、ビッグデータ、モバイルを前提に、意味解析(テキストマイニング)、そして対話(文生成)技術を駆使したソフトウェアを提供しています。このあたり、いつでもどこでも、大量(テキスト)データから、必要なものだけを取り出したり、全体をビジュアルに概観できること、 言い換えればサマライズのニーズが高まっているのに対応した動きです。

 有用な知的ソフトウェア開発でホワイトカラーを助け、知的生産性の向上に貢献したいという積年の願いをストレートに打ち出せる時代が来たと感じ、武者震いがしています。このあたり、日経ビジネス1月7日号のインタビュー記事がまとめてくださいました:


やる気が出て仕事が楽しくなり、出世の手伝いもしてくれるソフトとは? 野村直之・メタデータ社長に聞く

  上記を象徴する応用ソフト、マッシュアップアプリは、MA8 で優秀賞をとった2作品、「コトバノモリ」と「シャチクノミカタ」です。なにがどう関連しているかなど、上記リンク先記事をご覧ください。

 新年のご挨拶の締めくくりは、「よりヒューマンな、人間らしいソフトウェア、IT環境」を目指すにあたって、これまで以上にキーパーソンとの交流を深めよう、との決意表明です。この写真は、10数年来、ナレッジマネジメント(KM)分野で交流のある、リアルコム創業者・谷本肇さん(写真中央)が新年早々に弊社を訪れ、その後、たこ焼き&ワインで楽しく意気投合したときの写真です。左はメタデータ株式会社・松田圭子取締役サーバ技術部長

 今年もどうぞよろしくお願いいたします!



※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー