お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

〜6/25正午【無料DL!】電子書籍「Ustreamと超テレビの時代」; 紙書籍「セマンティックWebプログラミング」

2010/06/22 23:59
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

野村 直之

『人工知能が変える仕事の未来』https://goo.gl/9N7cJE ・書籍帯の紹介文より: 「…ここ数年、毎日のように、人工知能についてのインパクトのあるニュースがいくつも流れる中、人工知能の産業応用について一貫して考えつづけた結論をまとめたものです。その背景には、筆者が1985年以来、職業的にAI、自然言語処理の研究開発に従事し、1993年から1994年にマサチューセッツ工科大学人工知能研究所の客員研究員(Visiting Scientist)として、ノーム・チョムスキー(自然科学としての言語学を創始)、マービン・ミンスキー(人工知能の父)、ジョージ・A・ミラー(認知心理学の開祖、ワードネット[WordNet]プロジェクトを創始)他の薫陶を受けながら脳内の言語知識のモデルを研究した経験、その成果を踏まえて、類似検索の体感精度を改善したり、高精度な文章要約システムを開発したりした経験があります。  …AIの産業応用や、AIが浸透した社会における人間の役割、教育のあり方などに興味、関心をもっておられる方に、必ずや、お役立ていただくことができると思います。  (「はじめに」より)」
ブログ管理

最近のエントリー

 昨年のメタデータ、エスアイアソシエイツ、Beat Communication共催の『ソーシャル・マーケティング実践』セミナーで、過激な招待講演をされた山崎秀夫さん。
■マイケルジャクソン葬儀などテレビとSNS、Twitterの融合にみるマーケティング!!
〜ソーシャルテレビを進めるフェースブックに注目!!

ここ数年来のソーシャルTVの未来を追及した実践研究の集大成でもあり、Ustreamの歴史的意義を、最新動向をおさえて鋭く斬った書籍が間もなく発売されます。

■Ustreamと超テレビの時代 −ユーザーライブ中継の威力−
http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4844328859/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392

 このアマゾンの目次をみてすぐ発注されても良いのですが、25日くらいまで、なら、下記にアクセスしてみてください。
 
■ダウンロードページ
  http://www.impressjapan.jp/books/2885

 電子書籍についての
「買ったことあるか。最高額の書籍はいくらか。」などの質問に
いくつか答えると、書籍と同一内容の無償版をダウンロードできます。〜6/25

■リリース
  http://www.impressjapan.jp/newsrelease/20100621ij_release.html

 はい。書籍「Free」で有名になった、フリーミアム手法です。
何より、内容が、USTを深く社会インフラの構造変化の枠組みでとらえ、動画活用の未来、そのビジネスモデルを考察したものですので、多くの皆様が大なり小なり、ご興味おありかと思います。

 

 もう1冊、セマンティック・ウェイブにご関心の向きに超お奨めの訳本が出ます。

「セマンティックWeb プログラミング」

http://www.amazon.co.jp/gp/product/toc/4873114527/ref=dp_toc?ie=UTF8&n=465392
 あの「集合知プログラミング」を書いたToby Segaran らの共著。同じオライリーのHadoop本や、Silverlight解説書で、素晴らしく丁寧でわかりやすく且つ切れ味の良い、美しい翻訳をされた玉川竜司さんが、気合をいれて訳しています。

 1冊手元にありますが、本当にわかりやすいです。また、SemTech2010でも大きく話題になる、共有データのシンプルな規格、LOD (Linked Open Data)についても、実ニーズを踏まえた事例と、シンプルなプログラミング手法(データ主導!)が紹介されていて、実践的なものとなっています。

 いかがでしょうか。「技術書なんて・・」なんて言わずに、自分の目と頭で未来を予測し、ときに先行者利益を得たり、より健全でわくわくするデジタル社会インフラを共創するのにご興味ある向きは、いずれも必読か、とさえ思い、自信をもってお奨めする次第です。

 なお、DLや、書籍入手した旨、Twitterでつぶやいたりブログに書くと、著者、翻訳者が喜びます。ぜひどうぞよろしくお願いいたします。

山崎さん:  @borg7of9   #choTV  :書籍のハッシュタグ

玉川さん:  @tamagawa_ryuji

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー