お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

「縦の進化」と「横の進化」

2006/03/31 08:27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

中島聡

Microsoftでチーフアーキテクトを務めた経験を持つUIEvolution CEOの中島聡氏が、「Web 2.0」と呼ばれる新しいネット時代のサービスのあり方や、ライフスタイルの変化について考察します。
ブログ管理

最近のエントリー

 「ムーアの法則」によるハードウェアの進化のもたらすものを、(WindowsやOfficeのように)「より多くの機能を詰め込む」という方向に活用する方向性を「縦の進化」と呼ぶとすると、私の目指している「アプリケーションやサービスをより多くのデバイスを通してユーザーに届ける」という進化の方向性は「横の進化」と呼ぶことができる。

 「縦の進化」の目指すところは「より豊富な機能」や「より高度な機能」であり、そこに要求される技術力は、「ハードウェアの能力を極限まで引き出す」力である。2Dを3Dにする、静止画を動画にする、一秒あたりのフレーム数を増やす、ハイリゾにする、などなどである。それの目指すものは、ソフトウェアのアップグレードであり、ハードウェアの買い替えである。

 こんな形の「縦の進化」は、パソコン以外の世界にも見られる。高機能化するゲーム端末、ハードディスクまで搭載し始めた携帯電話、どんどん大きくなるテレビ。それぞれのデバイスが、互換性や横のつながりを全く無視して、独自の進化をし続ける。これも消費者が付いてきてくれているうちは良いのだが、ある時点でそれは「進化のための進化」となってしまい、消費者のニーズを超えて進化し続け、ある時点で増大する開発費をささえ切れなくなる。

 一方、「横の進化」の目指すところは、「今まで特定のデバイスからしかアクセスできなかったアプリケーションやサービスをどんなデバイスからでもアクセス可能にする」ことである。そこに要求される技術力は、「ウェブ・アプリケーションをあらゆるデバイスに届けるためのプラットフォーム」そのものであり、かつ、そのプラットフォームを「できるだけ低コストであらゆるデバイスに移植して行く」力である。それの目指すところは、売り切り型ビジネスからサービスビジネスへの転換である。

 「横の進化」において重視されるべきものは、「それぞれの個々のハードウェアの力を極限までに引き出す」ことではない。重視すべきは、「さまざまなデバイスをネットワークを通じて有機的に結合させ、トータルで見たときのユーザー・エクスペリエンスを向上させる」ことにある。ユーザーが、いつでも、どこでも、どんな環境にいても、そのシーンに最も適したデバイスを通じて、必要とするアプリケーションやサービスにアクセス可能にすること、それが「横の進化」の目指すところである。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー