logo

CNET Japanブログ

村上敬亮 情報産業の未来図

村上敬亮

長年、官の立場からIT業界に携わり、政策の立案、実行をしてきた経済産業省 資源エネルギー庁の村上敬亮氏が、ITやエネルギー、様々な角度から、日本の発展のための課題や可能性について語ります。

2011年のアーカイブ

  • 政府の審議会を、ニコ動で放映せよ・・・という、東浩紀さんの「一般意志2.0」を読んで(後編)

      3.処方箋   (1)全審議会をニコ動で放映せよ     さりとて、実際には、東さんは、そんなに難しい処方箋を提示しているわけではない。   「政府のあらゆる審議会や検討のオケージ...

    2011-12-25 23:00:00
  • 政府の審議会を、ニコ動で放映せよ・・・という、東浩紀さんの「一般意志2.0」を読んで(前編)

     東浩紀さんの新著、「一般意志2.0」が出た。環境管理型権力と言っていた頃(ISEDという勉強会の頃)と比べ、随分、議論がブラッシュアップされた印象だ。しかも、平易に書くことにすごく集中している。専...

    2011-12-25 22:00:00
  • S.Jobsというブランドの喪失

     S.Jobsについて。  Time、Newsweek、様々な媒体が、個性ある取り上げ方をしている。しかし、これだけ多くの媒体に取り上げられてなお、共通するキーワードがあるのが印象的だ。そのキーワードは、「創造」。ち...

    2011-10-16 15:00:00
  • 高校生からわかる資本論

       経済学に興味があるという甥っ子のために買ってみたはずの、「高校生からわかる資本論」(池上彰著)。実は自分が填まってしまいました(苦笑)。 何より、今から約100年ちょっと前にかかれたは...

    2011-09-25 00:00:00
  • 村上春樹講演を読んで

     カタルーニャ国際賞授賞式における村上春樹講演を読んだ。とても良い講演だと思った。  こういうスピーチを通じて、色々な人が、色々な意見を語り合うことこそ、普段、押し黙ることを美徳としがちな日本人にと...

    2011-06-11 15:00:00
  • 大・離陸期に突入するアフリカ・・・(後編)

      4.しかし簡単ではないアフリカ経済   こうした、まさに本格的離陸期に突入したアフリカ経済だが、他方で、抱える問題は、あまりに大きく、かつ悲しい。その基本的な問題は、増え続ける人口と、それ...

    2011-05-08 00:30:00
  • 大・離陸期に突入するアフリカ・・・(前編)

    アフリカに行ってきた。今年12月に南アで開かれるCOP17に備え、様々な準備を行うのが訪問の直接の目的だった。しかし、このプロセスを通じて、むしろ、アフリカ経済の可能性の大きさを感じるにようになった。...

    2011-05-07 23:30:00
  • 今こそ、全体感が必要 (後編)

    続きを。    2.将来の日本に向けて考える     では、これまでの風景感ではなく、将来に向けた議論は、一体どうなっているのか。   (1) 救済のフェーズと、作り込みのフェーズ &n...

    2011-03-28 03:30:00
  • 今こそ、全体感が必要 (前編)

     日本のあり方を変えてしまうような甚大な震災が起きてから、2週間以上がたった。いや、実際はそこまで大きくは変わらないかもしれない。そういう見方もある。しかし、個人的には、これから起きる議論に備...

    2011-03-28 03:00:00
  • 地球温暖化問題の今

    【この記事は、カンクンで行われたCOP16後のものです。】  最近、地球温暖化問題が結局のところどうなっているのか、よくわからなくなったという話をよく伺います。そこで、ちょっと情報産業関連の話を少し離...

    2011-02-26 15:00:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]