お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

アップルのCEO、スティーブ・ジョブズ氏死去について思うこと

2011/10/06 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

村井亮

エンタプライズソーシャルからLINEやアップルウォッチなどのウェアラブルまであらゆるテクノロジーは表舞台の裏側、『楽屋』から始まっている。楽屋では色々な情報が飛び交い、その楽屋でしか体験できない物語がある。IT業界の日常にある出来事を、自由に感覚的に書き綴っていきたい。
ブログ管理

最近のエントリー

今朝、衝撃的なニュースが世界を駆け巡った。「アップルのCEO、スティーブ・ジョブズ氏死去」


私が小学生の頃、アメリカで担任の先生に留守番を頼まれ、その間、最初に触ったパソコンがアップルのPCだった。そこから私のITへの好奇心とコンピューターと格闘する人生が始まった。いつかこの日が来るとはわかっていたが、今朝の彼の死のニュースはショックだった。


彼は近年稀に見る天才的な経営者で、圧倒的な想像力とタフな精神力で次々と新製品を世の中に送り出した。間違いなく、世界の偉人伝に仲間入りするだろう。彼と同じ時代に生きた事を誇りに思う。


「ハングリーであり続けろ。愚かであり続けろ」
「時間を無駄に過ごしてはいけない」「自分の心と直感に従う勇気が大切だ」
これがITの聖地、シリコンバレーで若者達に伝えた最後のメッセージとなった。


誤解のないように補足すると、彼の伝えたかったハングリー精神とは、金儲けの拝金主義ではなく、自分の心と直感を信じて、挑戦し続けるということだ。


彼は、最も自己保身がない経営者でありアーティストであったと思う。
ともすれば人は自己保身のために生きる生き物だ。それが動物の本能なのだが、彼の生み出した斬新で直感的なプロダクト(iPod,iPhone,iPad等)は我々の人生を豊かに潤し、暮らしを変えた。


常に挑戦し続ける姿勢は、癌と告知されてからも変わらず、いや寧ろその勢いを増し、情熱的にハングリーに次々と商品を生み出す姿は、人間を超越していたと僕は思う。


自己保身をしているうちは人は小さな枠を越えない。癌であっても最後まで挑戦し続けたストロング・マインドと驚異的な想像力に敬意を評し、黙祷を捧げたいと思う。


そして僕もITに携る者として、彼の偉大な後ろ姿を追いかけ、彼の夢や志を継ぐ新世代の経営者となりたいと強く願う。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー