お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

国家や企業の危機管理とソーシャルテクノロジー

2011/03/25 22:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

村井亮

エンタプライズソーシャルからLINEやアップルウォッチなどのウェアラブルまであらゆるテクノロジーは表舞台の裏側、『楽屋』から始まっている。楽屋では色々な情報が飛び交い、その楽屋でしか体験できない物語がある。IT業界の日常にある出来事を、自由に感覚的に書き綴っていきたい。
ブログ管理

最近のエントリー

(気づいたら前回のブログからかなり時間が経過してしまったが、前回のブログの続きを書く前に今回の一連の国家的危機とその時、人々がどう動き、ソーシャルテクノロジーがどう使われたかを振り返ってみたい。)


今回の大地震、津波、原子力発電所事故のクライシスにより、多くの携帯電話や固定電話が一時不通になった。その時、多くの人々が情報の収集や発信をしたのがUstreamやTwitterであり、Facebookであり、社内SNSだった。情報リタラシーの高い人はそこからいち早く情報を入手し、適切な判断を行い、義援金を送ったり、知り合いの安否確認をした。


企業においても社員は緊急対策を考えたり、社員の安否確認をしたり、不安を解消したり、助けあったり、自社が何ができるか考えるなど、国家的危機の中、冷静に対応をすることができた。これこそがソーシャルテクノロジーの真骨頂であり、重要な役割なのであることに気付いた人も多かったと思う。


また、再確認したことは危機に直面した際、リーダーが果たすべき役割が非常に大切であること。それは冷静な判断力であり、スピードであり、危機管理能力であり、責任感などである。ただ、これ等はある程度、普段から鍛えておかなければ対応できない場合も多い。例えば、東京都の石原都知事によるハイパーレスキュー隊の派遣がそれまで後手に回って負の連鎖が始まっていた状況下、一気に攻めに流れを転じることができたと思われる。


ちょっとしたミスジャッジや恐怖が国家を窮地に追いやることもあれば、一組の勇気のある集団の行動が大きく流れを変え、人々に希望を与え、未曽有の災難から国家を救うこともできることがわかった。ソーシャルメディアでは多くの人々が力をあわせ、その輪がいくつもどんどんと広がって行った。一部に危機をあおる情報もあったが、概ね現状把握をするための情報が世界中から集まった。


下記がその一例である。


▼MIT原子力理工学部による改訂版・福島第一原発事故解説
http://d.hatena.ne.jp/arc_at_dmz/20110316/fukushima_nc_power_plants


▼福島原発事故-簡潔で正確な解説
http://d.hatena.ne.jp/founder/files/313BNL.pdf


▼うんち・おならで例える原発解説~「おなかがいたくなった原発くん」
http://www.youtube.com/watch?v=ZUzBvxdnCFM


日本人の持つ暖かさや心の美しさも再認識された。


▼心温まるつぶやき
http://prayforjapan.jp/message/


▼ハイパーレスキュー隊東京消防庁記者会見
http://www.youtube.com/watch?v=6Vad16Rlx8U
▼59歳の技術者、福島に駆けつける
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=138259&servcode=A00&sectcode=A00


洪水、地震、津波など世界各地で次々と災害が起きる今日、企業や国家が普段から用意するべき緊急のバックアップ体制が益々重要になってきている。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー