お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

ドコモ秋冬モデル iコンシェル

2008/11/25 08:06
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

宮田拓弥

携帯電話向けアプリケーションの業界で、常に新しい製品・サービスを模索・開発してきた宮田拓弥氏(ジェイマジック株式会社代表取締役社長)が「ケータイ用アプリの未来」について考えていきます。
ブログ管理

最近のエントリー

今回のドコモの秋冬モデルの先陣を切って21日に発売された、P-01Aを早速ゲットしていじくりまわしてみました。

個人的には905以来のP端末なんですが、ハードウェア的にはそれほど変わっていない印象。ひとつ「2WAYキー」はなかなか面白いです。縦画面と横画面とでキーボードの向きと配置が自動的に変わるという機能ですが、タッチパネル携帯なんかのようにデジタルに実現しているのかと思いきや、ヒンジの動きに合わせてキーの下に隠されたシートが実際に動いているということで、ちょっと感動。これはテスト大変だったろうな。。

ハード的なことはさておき、今回の新モデルで導入された新機能で一番注目なのは「iコンシェル」。

ドコモの報道発表発表によれば

「iコンシェル」とは、ケータイがまるで“執事”や“コンシェルジュ”のように、お客様一人ひとりの生活をサポートするサービスです。お客様の様々なデータ(お住まいのエリア情報、スケジュール、トルカR、電話帳など)をお預かりし、これにより自分の生活エリアや趣味嗜好に合わせた情報を適切なタイミング、方法でお届けしたり、携帯電話に保存されているスケジュールやトルカを自動で最新の情報に更新したり、電話帳にお店の営業時間などの役立つ情報を自動で追加します。また、iコンシェルの様々な情報は、待受画面上でマチキャラ(待受画面上に常駐するキャラクター)がお知らせします。

ということらしい。

早速iコンシェルに登録して、まず驚くのが進化した「アドレス帳」。

906までの「電話帳お預かりサービス」は単なるデータのバックアップの機能でしたが、iiコンシェルに登録すると「電話帳にお店や会社などの情報を追加登録しました」というメッセージが届く。最初何の事だか分からずに「?」とレストランの番号などを見ると、自動的に「住所」とか「URL(タウンページ)」とかが紐付けられてる!これは便利!

つまりレストランを予約するのに電話をかけて、その番号をアドレス帳に登録しておくと住所とかを調べなくてもすぐに地図が表示できるってこと。ユーザ視点でもとっても価値のあるサービスだと思いますが、タウンページのURLとも連携しているので、NTT番号情報はどのお店がどれくらいどんな人のケータイに登録されているかというデータが溜まっていくというわけですね。。広告商品やサービスとしても無限の展開がありそうです。

あと、「iスケジュール」もかなり面白いです。

平たく言うと、「ネットワークにつながったスケジュール帳」ということで、いろんな事業者が提供するスケジュール情報を登録できるというもの。まずは誰にでも価値がありそうなのが、テレビ番組のiスケジュール。自分の好きなジャンルを登録しておくと、自分のスケジュール帳に「いつこんな番組あります」というのが選択されて表示されるというもの。これは分かりやすい。

現時点で一番たくさん提供されているのはアーティスト・タレントの情報。自分の好きなアーティンストがいつテレビにでるのか、コンサートはいつかなどがスケジュールに登録されるというのはファンであれば欲しい情報ですよね。

あと、今はプリインされているマクドナルドくらいしか提供していないですが、小売店、チェーン店などは今提供しているケータイクーポンサービスと連携して、セール日程を提供するとか面白いサービスが提供できそうな機能ですね。

個人的にはアドレス帳とスケジュールまで連動させて、アドレス帳に登録されているレストランやお店の空席情報や割引情報がスケジューラに登録されたりすると便利かなと思います。

iコンシェル、いろんなサービスが出てきそうなインフラですね。

------------------

この他にもiウィジェットとかまだまだ面白い新機能があるんですが、とりあえずここまで。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー