お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ケータイ時代のスタンダード

松村太郎

携帯電話の機能進化が進む中、アーリーアダプター層がどのように携帯電話を使いこなし、生活がどう変わっていっているのかについて、携帯電話と社会のあり方について研究するSFC研究所の松村太郎さんが紹介します。

2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年

新着エントリー

  • Macを持ち出す感覚 - Apple iPhone

     噂通り、Apple Computer改めAppleからリリースされたiPod由来のケータイ「iPhone」。iPodがMP3プレーヤーのAppleによるリ・デザインとして成功した結果の普及だったとすれば、このiPhoneもケータイのAppleによ...

  • 10年前の理想のケータイ - 電話帳 編

     インターフェイスにはケータイのプロトタイプに、インターフェイスのイメージを重ねてみることが出来る。では電話帳やメールはどうだろうか? 僕の10年前の電話帳やメールのイメージは、前回触れたとおり、サー...

  • 10年前の理想のケータイ - インターフェイス編

     AppleではなくCiscoの子会社であるLinksysからiPhoneという名前のIP電話製品群が登場した。AppleはiPhoneの商標を持っていなかったのだが、たぶんガジェット好きの多くが期待していたiPhoneとは別のモノとして...

  • 自動ドアの話

     特急列車に乗っていたり新幹線に乗っていたりして、車両の入り口付近を眺めていると、人が自動ドアを通って車両に入ってくる。トーキョー近辺を走る特急はたいていそういう仕様になってますよね。ところが、ド...

  • テレホーダイのサイクル再び - SoftBankの通話生活(2)

     22時頃に家に帰ってきて、AC電源に接続してから愛用している黒いMacBookを開く。家の無線LANに自動的に乗っかって、iChatが開く。iChatはAIM互換のアカウントとGoogle Talkがセットアップしてある。最近Windows...

  • MNPのその後 - SoftBankの通話生活(1)

     先週まで、僕がMNPを適用して長年使ってきたDoCoMoからSoftBankに乗り換えた話を書いた。もちろん自分の不注意から始まった話ではあるけれど、興味のある方は是非ご覧くださいませ(ケータイ時代のスタンダード...

  • いざ手続き - MNP体験記(4)

     無縁だと思いつつも6ヶ月しか使っていないケータイの水没から利用することにしたケータイのナンバーポータビリティー(MNP)。実際の手続きの前に考えておくことがいろいろあったので、すでに3本も手続き前の話...

  • 今使っているケータイの、様々なしがらみ - MNP体験記(3)

     今まで当たり前のように使ってきたケータイによる通信環境が急になくなるというのは「自分がそこまでケータイに依存していない」「生活の中心にケータイがない」と頭では思っていても、とても不安になるものだ...

  • 初めてケータイを買うときの感覚? - MNP体験記(2)

     自分には無縁だと思ってきたケータイのナンバーポータビリティー(MNP)は、細心の注意を払ってきたケータイの水没という不慮の事故によって、僕にも関係のある話になってきた。今手元にあるのは、わずか6ヶ月...

  • 水没から始まったナンバーポータビリティー - MNP体験記(1)

     昨日からスタートしたケータイの番号持ち運び制(和訳に違和感があるんだけれども)、いわゆるナンバーポータビリティ(MNP)のニュースが大きく報じられている中、僕は割と冷めた視線を送っていた。確かに今ま...

  • 【ご意見募集】ケータイの不便について

     今週からナンバーポータビリティがスタートしますが、ソフトバンクが料金戦争を仕掛けて、しばらくは価格競争の局面になりそうです。もちろん安く利用できることに越したことはないのですが、料金や現在の機能...

  • 「ワカモノの文字盤」たるケータイ(下)

     ワカモノの間で文字盤と言えば、ケータイのディスプレイのことだ。インターネットコム株式会社と株式会社クロス・マーケティングの「時計に関する調査」の記事によると、53.7%がケータイで時間を確認すると答...

  • 「ワカモノの文字盤」たるケータイ(中)

     タイポグラファーでJfonts協議会理事長の長村玄さんのお話を伺った折、明朝体は書き順や画数、文字の属性や構造を表す文化伝承の意図を鮮明にしたフォントであるという話をうかがった。では「ワカモノの文字盤...

  • 「ワカモノの文字盤」たるケータイ(上)

     僕は大学生の頃、ものすごい勢いでコンピュータのフォントを集めていた。日本語のフォントはお金がかかるモノがほとんどで、ソフトウエアにバンドルされてくるモノ以外持っていなかったけれど、いろいろなフリ...

  • 31日23時50分

     先日友人から、こんなメールをもらった。 「ケータイと一緒に水遊びをしてしまったので、番号とメールアドレスの変更をお願いします」 後から話を聞いたところ、ジーンズにケータイがポケットに入っているの...