お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

原宿で野宿を含む15時間 - iPhone行列完全ドキュメント

2008/07/15 13:48
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

松村太郎

携帯電話の機能進化が進む中、アーリーアダプター層がどのように携帯電話を使いこなし、生活がどう変わっていっているのかについて、携帯電話と社会のあり方について研究するSFC研究所の松村太郎さんが紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

 すでにCNET Japan Reviewの先行記事にも書いたが、7月10日深夜から、世界で2番目に早く発売されるSoftBankショップ表参道店の行列に並んだ。友人のフルヤくんとともに12時間喋り、3時間寝るという15時間を過ごしたiPhone合宿の模様を、時間の経過と写真とともにご紹介する。今回は店内にはいるまで。

 iPhoneとケータイに関するPodcast、「iPhone and Keitai」では、現場で撮影した写真のスライドショーと音声を編集してありますのでこちらも合わせてご覧ください。


R0011179.JPG

7月10日 22:34
 とっくにSoftBank表参道店から原宿駅方向に伸びる列は、歩道橋を越えていた。歩道橋手前にいた先輩ジャーナリストのミツイさん、オギクボさんは15時30分に並び始めてこの位置だったそうだ。歩道橋を渡って、代々木第1体育館と山手線の間の道(ファイヤー通り)を下り、岸体育館の交差点あたりがこの段階での最後尾。

R0011180.JPG
7月10日 22:41
 列の最後尾には、行列をねぎらいに来たソフトバンク孫正義代表がちょうど囲み取材を終えて車に乗り込むところに遭遇する。大きなiPhoneのパネルを作ってきた2人組が囲み取材に来ていた報道陣にインタビューを受けているところ。

R0011186.JPG
7月10日 23:34
 今晩は、山手線のフェンスに沿って座り込み、夜を明かすことになった。行列慣れしている人は、座布団やパイプイスのようなモノを持ってきているが、創でない人は地べたに座り込んでフェンスに寄りかかるという、渋谷らしい世の過ごし方になった。

R0011187.JPG
7月10日 23:41
 身近な情報源はワンセグ。列の全体像や先頭の状況、報道のされ方などは、列の中にいては一切分からない。そのため、ワンセグの夜のニュース番組を見るのが手っ取り早い。外出先でのテレビの使い方として可能性を感じるが、iPhone 3Gはワンセグがついていないケータイ。ワンセグなしのケータイに変えるのに、ワンセグに助けられるという、皮肉な構図。

R0011190.JPG
7月10日 23:58
 トイレに行きたくなった場合は、配置されているスタッフに「トイレチケット」をもらう。するとそこに時間を書き込んでくれて、30分ほどで戻るように言われる。一人で並びに来ている人に対する配慮として納得。この段階で列の最後尾は、ファイヤー通りの名前の由来である渋谷消防署の前まで到達。

R0011193.JPG
7月11日 01:56
 スタッフからクリアファイルが渡される。「契約に際しての注意」や手続きの種類(新規、MNP、買い換え)、料金プランの希望などをチェックする書類が入っている。またiPhone 3Gのパンフレットも同封されていた。あまり感動はなかったが、iPhone 3Gのパンフレットを一早く目にすることになった。このタイミングの前後に、ジャーナリストのNobiさんやKNN神田さんなどとすれ違い、談笑。

R0011194.JPG
7月11日 04:13
 終電が終わって静かになってから、その場にひっくり返って寝る。そして目が覚めたら明るくなってきていた。多くの人が目をつぶって休んでいるが、元気な人もいて、友人と喋っていたり、PCを開いてメールを読み書きしていたり。意外に夜が明けるのは早かったように感じる。3時20分頃の段階で、7月11日分販売の行列は打ち切られ、翌7月12日分の行列が始まったという情報を得る。

R0011197.JPG
7月11日 04:43
 ふと気がつくと、それまで白いポロシャツを着ていたスタッフが黒いポロシャツに着替えていた。胸にはAppleロゴとiPhone 3G、そしてSoftBankのロゴが入っている。スタッフは岸体育館の植え込みの影でそそくさと着替えて任務に戻る様子が見られた。フルヤくんと話をしていて、行列のマーケティングについて考えていたので、スタッフのオペレーションなどにも興味が湧いてきた。

R0011198.JPG
7月11日 05:39
 iPhone 3G発売まで1時間半を切ったタイミングで、列の整理を始めたせいか、全員が一度立たされる。少しだけ動いて動きは止まるが、あまりうかうかと眠っていられない状況になり始めたのもこの時間帯から。そろそろいわゆる「マジックアワー」が終わり、日差しが出てくる気配が見え始める。曇りという予報であったはずだが、日が照り始めるとちょっとつらそうだ。

R0011200.JPG
7月11日 06:00
 音楽情報サイト「ナタリー」の派手なピンクのTシャツを着たチームがゴミ袋にゴミを拾いながら、ナタリーのQRコード付きカードを配布しつつ、列を後ろから前の方へ練り歩く。これもまた、行列マーケティングの周辺にある活動であると思われる。

7月11日 07:00
 iPhone 3G発売。SoftBankショップから遠い列でも、ぱらぱらとカウントダウンが始まり、7時になった瞬間拍手が一瞬起きる。しかしあまりにショップから遠いため実感も少なく、そこまでの盛り上がりもなかった(音声が取れているのでPodcast参照)

R0011203.JPG
7月11日 07:40
 引き続き、列に少しずつの動きがあるため、あまり座らずに立った状態で待機。するとSoftBankショップの店員がやってきて、深夜に配られたクリアファイルの中の書類に書き込みながら説明をし始める。この段階で希望のモデル、色の確保ができるという確約はない、との補足説明もされた。スタッフの数は代々10〜15人ほど。行列整理をしていたスタッフは派遣のアルバイトで50名ほどのチームだそうだ。

R0011205.JPG
7月11日 07:43
 思えば電車の本数も増えてきて、山手線、埼京線、湘南新宿ラインなどが頻繁に行き交うようになる。渋谷・原宿間のフェンス沿いに並んでいるため、電車からは多くの人が1駅間の半分はある長い行列を目にすることになった。そこで、この並ばせる場所についても、割と計算されているのではないか、と感じた。この辺りは歩道も狭く、2列がやっとになってしまうため、列も必然的に長くなる。そりゃびっくりしますよね、この長い列は。

R0011208.JPG
7月11日 08:46
 少しずつ動いていき、そろそろ代々木第1体育館のブロックの半分ぐらいまで来たところ。行列の進みの遅さが気になり始める。ちなみに確か2006年のゲームシヨウのSoftBankブースにいたスターウォーズに出てきそうな宇宙服を着たキャラクターが列をねぎらいに来る。ちょっとした余興にはぴったり。ちなみに中の人は外国人で英語を喋るが、日本語もぺらぺら。スタッフや行列の人に「オツカレサマデース」と声をかけていた。

R0011211.JPG
7月11日 08:48
 朝のニュース番組やワイドショーで行列の先頭の様子やオープニングセレモニーの映像をワンセグで確認。さすがにワンセグもそこまでの長時間の使用には耐えられないので、乾電池を入れるタイプの充電パックを多用して対応。

R0011212.JPG
7月11日 08:49
 行列の人に対して、お茶が配られる。紙パックのお茶で喉を潤すことに。しかしながら、行列の先頭から配ってくると、どうしてもぬるくなってしまっていた。

R0011216.JPG
7月11日 09:23
 だいぶ進んできたでしょう。この辺りからストップ&ゴーが不規則になってくる。歩道にクロスする道路や鉄道関連の施設、そして道が狭くなっている歩道橋周辺をうまく回避するため、一定量のスペースが空いたら動かす、というオペレーションに切り替わってきた。人通りも多くなってきたので、注意深く列を進めている。

R0011217.JPG
7月11日 09:33
 表参道の神宮橋歩道橋の手前にいたミツイさんとすれ違う。歩道橋を降りてから2時間であることが伝えられる。窓口は100カ所以上が開かれ、順次対応しているとのこと。しかし午後に入って外の店舗での登録が始まると、処理能力が落ちるかもしれない、との懸念も伝えられる。ちなみにミツイさんはホワイト16GBをチョイス。陶器のような高い質感が以外で、行列周辺でホワイトが話題になり始める。

R0011218.JPG
7月11日 09:39
 チョコクロのラテとドトールのサンドウィッチで朝食。

R0011219.JPG
7月11日 10:21
 水無橋を渡る。この位置には江戸時代から代々木村に抜ける唯一の道があったそうで、線路を造るために掘った切り通しで寸断されたことから、水が流れる皮ではないながら橋を架けることになったそうだ。表参道が込んでいるときには、僕は翌抜け道として利用するが、最近架け変わっている。

R0011220.JPG
7月11日 10:22
 水無橋を渡ったところから五輪橋まで一気に動く。しかし太陽が強く照り始めるタイミングと重なり、強烈な日差しにぐったりしてくる。僕らの列以降は、この箇所は体力的に危険との判断か。

R0011223.JPG
7月11日 10:56
 12時間半前に渡った歩道橋をいよいよ渡ることになった。雲はだいぶ空に見えているが、日光はしっかり届いてこれがまた暑い。歩道橋の上では、ドラッグストアの店員が栄養ドリンクをかごに入れて150円で売り歩いていた。ここでも商魂のたくましさを感じてしまう一方で、行列というモノが生み出す様々な何らかがあるのだ。

R0011224.JPG
7月11日 11:01
 歩道橋を渡るときには、ハウンドドッグの「あの橋を渡るとき」(たぶん正確なタイトルではないと思います)が頭の中を流れた。ちょっと古いですね。一番の懸念は、歩道橋の下でジャニーズショップに並ぶ行列と工作しないか、ということだったんだけれど、そんな心配もなく歩道橋の降り口の車道側に並ばされた。

R0011226.JPG
7月11日 11:01
 表参道界隈で改造されたMINIに乗ってやってくるRed Bullガールズも登場。彼女たちがクレバーなのは、のどもからからで並んでいる人ではなく、iPhone 3Gを手に入れた人をめがけて配っているところ。良く言えば、ねぎらいの意味を込めて配るように見えるんだけれど、実は+のマインドを持っている人にさらにプラスを与えていい印象を残すという戦略的な側面も。

R0011227.JPG
7月11日 12:02
 発売時に歩道橋の位置にいたミツイさんが午前9時に手に入れたという話を聞いていたので、歩道橋を降りてから2時間でお店までたどり着く、という時間が見えていた点で楽だった。そしてそれ以上に青々と茂るケヤキ並木がなんとも涼しさを与えてくれる。都市の中の緑の大切さを身を以て体験した瞬間。

R0011232.JPG
7月11日 13:04
 ほんとうに予想時間通りに、歩道橋を降りてから2時間で店頭につく。外装はSoftBankショップの意匠をわずかに残し、iPhone 3Gの巨大なポスターで大きなショーウィンドウをラッピングしている。iPhone 3GとSoftBankのロゴが交互に変わる、白く光るゲートが。そういえばiPhone 3Gの情報を掲載し始めるタイミングで、SoftBankモバイルのウェブサイトも白基調に変更されていた。

R0011236.JPG
7月11日 13:22
 いよいよゲートが目前に。5人ずつ店内に招き入れられるがだいたい2〜3分に1組のペースで入っていく。ここまで15時間。昼間仕事で通話をしていたNokia N95も、ワンセグをちょくちょく見ていたau INFOBAR 2も電池が切れ、iPhoneがなければ通信環境が一切確保されない状況になっていた。しかしこの15時間の行列を、iPhone 3Gは絶えることは難しいだろう。それだけ長い行列だった、ということだ。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー