お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

Day 0:S・ジョブズ、基調講演はじまる

2006/01/11 02:26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1005:
新しい「iLife」はこれまでと同じ79ドルで本日から発売される。Jobsはまた「iWork」の新バージョンも発表したがこちらも価格は79ドル。

Jobsはまた同社のインターネットサービス「.Mac」のユーザー数が100万人に達したことを発表した。

0955:
予想通り、「iWeb」というウェブサイト作成用の新しいプログラムが発表された。iWebには複数のテンプレート、ブログやポッドキャスト用のツール類が含まれ、ワンクリックでサイトを公開できる。

「これは非常に簡単に使える。テーマを選ぶだけでいい」(Jobs)

0950:
Jobs、iDVDに話題を移す。このオーサリングプログラムでは新たにワイド画面用メニューが作成できるようになったほか、スライドショー機能も向上、さらにこれまで長く要望が出ていたサードパーティ製DVDドライブでもデータを書き込めるようになった。

また、Garagebandには「Podcast Studio」という機能が追加された。これをつかうことで、ロイヤリティフリーで使える効果音やジングル、画像を付加できる。ポッドキャスターはまたiChatをつかってインタビューを録音できるようになった。

Jobsはこの機能のデモとして、「Super Secret Apple Rumors」と題したポッドキャストを冗談で録音してみせた。「Apple社内の非常に有力な情報源から、こんな話を聞いている。『次のiPodは、重さ8ポンドで10インチ画面がついた巨大なものになる』」(Jobs)

0940:
Jobsは次に「iMovie」のアップデートについて話をする。これには、プロジェクト(=ビデオ)をiPodやポッドキャスティング用にエクスポートする機能が新たに追加された。また一度に複数のプロジェクトを開けるようになった。

0930:
Jobs、話題をMacに転換。「これはMacworldなので、これからはずっとMacの話をする」(Jobs)

Jobsは写真編集ツール「Aperture」のデモを行った後、Mac OS 10 「Tiger」のアップデートを発表。この新バージョン「10.4.4」には、Google 検索バーやESPN用などいくつかの新しいウィジェットが含まれる。

Jobsはまた「iLife '06」を紹介。新しいiPhotoは一段と高速になり、また現バージョンの10倍となる25万枚の画像を取り扱えるようになったほか、印刷オプションが増え、さらにグリーティングカードやカレンダーを注文することも可能になった。

iPhotoのさらに別の機能はアルバムの自動共有オプションで、Jobsはこれを「フォトキャスティング(photocasting)」と呼んだ。「これは写真用のポッドキャスティングだ」(Jobs)

0915:
第5世代iPod用のアクセサリで、リモコンを兼ねるFMラジオチューナー(49ドル)が発表に。

Steve Jobsによると、Appleは昨年10月のiTunes でのビデオ販売開始以来、あわせて800万件のダウンロード販売を記録したという。

0910:
お馴染みの黒いタートルネックにジーンズという姿で登場したSteve Jobsは、基調講演の幕開けに、Appleの2005年第4四半期の売上が57億ドルに達したと発表。同社Apple Storeの売上だけでも約10億ドルを記録したという。

Appleは同期に合計で1400万台のiPodを販売。累計の販売台数は4200万台に達したが、このうち3200万台は昨年販売された。またiTunes Music Storeでの楽曲販売数は850万曲に達した。

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー