logo

CNET Japanブログ

Lessig Blog (JP)

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。

新着エントリー

  • フリー討論:ジョン・エドワーズも

    討論会のフリー化を求める呼びかけにJohn Edwardsも加わった。エドワーズのDNC(民主党全国委員会)への手紙は以下:Dear Messrs Walton, Moonves and Zucker, Mses. Sweeney and Kerger, and Dr. Dean: 大統領を...

  • フリー討論:バラク・オバマが賛同

    Obama議員陣営は今日、以下の文章を公開した:(Barack Obama上院議員・大統領選候補より、民主党全国委員長Howard Deanに宛てて、討論会のフリー化に賛同するよう求める書簡。原文リンク)ブラボー、Obama議員。 ...

  • 政治スピーチへの不要な規制 (II)

    RNC/DNC (共和党/民主党全国委員会)への請願について人に話すとき、わたしは率直にいって及び腰だった。あまりにも当然の話に思えたからだ。ネットワークテレビ局が抵抗する理由などあるだろうか? だが最近放送...

  • ジャック・ヴァレンティ没

    ジャック・ヴァレンティが亡くなったことを今朝知り、深い悲しみを憶えた。 最初にヴァレンティと出会ったのは10年ほど前、わたしがハーバードにいたころだ。それからすぐ、かれはわたしについて極めてひどい文...

  • ソニーのYouTube対抗サイト ― CCライセンス採用

    ソニーがYouTubeに対抗するサイトeyeVioを立ち上げた。アップロードされるコンテンツには、デフォルトでクリエイティブ・コモンズの表示ライセンス(CC-BY)が適用される。解説はこちら。CCコミュニティのわれわれ...

  • 政治スピーチへの不要な規制をなくす呼びかけ

    (更新:新しい署名とblog記事を追加) 著作権をめぐる本当の難問に対する当然の取り組みが数多くある一方、われわれの一部は、まず明らかな問題から解決しようとする戦術を採ってきた。政治討論における著作権も...

  • iCommons Summit 07

    iCommonsはクリエイティブ・コモンズが設立を助けた団体だ。目的は世界中のコモンズ関連のプロジェクト――A2KやWikipedia、Free Software、Free Culture運動やクリエイティブ・コモンズがお互いに影響を与えあうプ...

  • Free Culture ひとくちサイズ版

    DailyLitは本をメールで読めるサイズに分けて送信してくれるサービスだ。読みたい本と頻度を決めれば、メールまたはRSSフィードを通じて読むことができる。今回Free Cultureも読めるようになった。いま登録して毎...

  • Code 2.0を広めるe-カード

    Code 2.0の出版社Basic Booksが、本を宣伝するためのe-cardを用意した。Code 2.0が「フリー」な本であることを考えると、これはとても勇気づけられることだ。こちらから送ることができる。くり返しになるが、すべ...

  • Free Culture、南アフリカ

    南アフリカは大西洋のこちら側にあるブラジルだ。わたしは家族をつれて、この国のすばらしいFree Culture運動を学び、祝うために訪れている。カンファレンスはこちら。 [オリジナルポスト 4月13日午後9時05分]

  • Shloss:さらに追い打ち 部門より

    Shloss事件でわれわれが扱ったような悪質な行為について、それを防止するに足るインセンティブが現在の著作権システムにあるのだろうかと考える方もいるかもしれない。忘れてはならないのは、訴訟費用を含む費用...

  • Shloss対Estate of James Joyce:和解

    スタンフォードCenter for Internet and Societyが報告しているように、Shloss 対 Estate of James Joyceが和解した。こちらの合意内容をご覧になれば分かるとおり、われわれは求めていたものすべてとそれ以上(...

  • Viacom 対 YouTube

    v. さて、議会に米国著作権法史上もっとも大規模な変化のひとつDMCAを制定させてからほぼ10年、コンテンツ業界はその法律の一部分、YouTubeのようなサイトを保護する免責条項(Safe Harbor Provison)は気に入ら...

  • 「ソーシャルパブリッシング」プロジェクトOort-Cloud

    BoingBoingで取りあげられているように、Oort-Cloud(オールトの雲)は「サイエンス・フィクション作品の“ソーシャル・パブリッシング”実験」だ。先月末にはhafocが、登場人物Lance Steeleをコミュニティに向けて提...

  • ccからの指令 部門より

    (未訳。CCからの転載。イベントSXSW (South by Southwest)参加者に向けて、米Creative CommonsとGOOD Magazineによる寄付集め企画の紹介。) [オリジナルポスト 3月5日午前5時01分]