お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

重大ニュース:フリーライセンスが法的に認められる

2008/08/18 11:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

法律ギーク以外には大したことに思えないかもしれない。だが、これは本当に重要だ。

今日、連邦巡回控訴裁判所(米国の"IP"法廷)が、フリーな――判決文では「オープンソースの」――著作権ライセンスのひとつの有効性を認めたとお伝えできることをとても誇りに思う。判決はクリエイティブ・コモンズほかの取り組みに名指しで言及している (直接問題となったのはArtistic License)。これは大きな勝利であり、この判決を勝ちとるうえでスタンフォードCenter for Internet and Societyが重要な役割を果たしたことを本当に嬉しく思う。CISの、なかでもChris RidderAnthony Falzoneにおめでとうを言いたい。

法律用語を使わずにいえば、たとえばCCライセンスのように、著作権のある作品の利用のしかたについて、(契約ではなく) 条件を設けるフリーなライセンス群が有効であると裁判所が認めたということだ。定められた条件から外れたならばライセンス許諾も無効になり、単なる著作権侵害となる。これがGPLそしてすべてのCCライセンスの仕組みだ。より正確には、契約にあたるか否かにかかわらず、ライセンス規約を破った場合には無効になる著作権ライセンスということができる。

米国で決定的に重要な裁判所が示した、評価すべき明瞭さと確かさだ。

( Posted on August 13, 2008 5:28 PM)

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー