お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

さらに「透明な社会」について

2006/12/15 12:34
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

(だがその前に、aolの糞プレーヤについては本当に申し訳ない。前回の記事は出がけに急いで書いたもので、帰宅してから妻のコンピュータで見せようとするまであのプロプライエタリの屑には気づかなかった。本物の動画サービス(YouTubeなど)がすばらしいのは、プロプラでプラットフォーム依存の腐ったコードが特徴の「動画1.0」でなくとも、どのコンピュータでも動く動画サービスが運営できると20世紀の老いぼれ巨人(たとえばAOL)に見せつけていることだ。)

昨日のわが家は実に「The Transparent Society」な日だった。

息子はしばらく具合が悪く、ご機嫌斜めだった。そこで薬を飲んでもらうため、ウェブでドナルドダックを観ようと約束した(何か仰りたいのは分かるが、うちの子はディズニーが大好きなのだ。それはそうと、バンビをちゃんと観たことはあるか? 現代の大手メディア企業でこんな作品を送り出せるところはないだろう。物語はすばらしい。登場する唯一の悪は?人間だ。こういった作品は現在では消されてしまうに違いない。)

妻にMichael Richardsの問題の映像を見せたあと、息子と一緒にドナルドダックのビデオを観た。ドナルドがナチ党員を演じる7分の作品だ。戦時中の作品で、誰かがテレビから録画してYouTube(この会社に祝福あれ)にアップしたものだ。今日ではもちろん、著作権者から購入することはできない。 追記:完全に誤り、しかもアンフェアだった。コメントで指摘されたように、このアニメはこちらで購入できる。

また床につく前、Michael Richardsの件についてもうすこし見て回るうち、一般の人々がこの出来事についてコメントしている、CNNのものすごいスレッドを発見した。生のままアメリカだ――5分間で、40時間のテレビよりももっとわが国のことを教えてくれる。

そして最後には、OJシンプソンの本/番組を引っ込めるというFOXの例の発表があった。

まとめれば:

21世紀 / Transparent Societyな要素:
Richardsの動画、発掘されたドナルドダック、CNNのスレッド――どの場合も、20世紀であれば「不適切」とフィルターされてしまっただろう。証拠?

20世紀 / プロプライエタリ(二つの意味で)社会な要素:
FOXがOJ関連の不適切なものを引っ込める。

どちらか一方が優れているといいたいわけではない。うまく分類できると思っただけだ。

[オリジナルポスト 11月21日午前2時13分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー