お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

あいかわらず大統領をかばうNBC

2006/11/17 05:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

NBCがDixie Chicksの映画 Shut up and Singの広告放送を拒んだことについて、大きな非難の声があがっている。ワシントン・ポストが報じたところによれば、NBCは広告会社に対して、「ブッシュ大統領を侮蔑する」コマーシャルは放送しないと告げたという。

NBCとしては珍しくもないことだ。2004年8月、わたしは映画作家Robert Greenwaldが1分間のクリップの使用許可を求めた話について書いている。「Meet the Press」 より、戦争に赴く理由について大統領が語る場面だ。申し出は拒絶された。NBCがGreenwaldの代理人に告げた理由は、問題の場面は「ブッシュ大統領について良い印象を与えるとはいえない」というものだった。

この件について書いたあと、NBCの弁護士がそれは真実ではないといって抗議してきた。わたしはなぜそう分かるのかと尋ねた。わたしはNBCと交渉した女性から直接話を聞いており、またこの件の前から、彼女が信頼に足る人物であることを知っている。なぜ彼女が嘘をついていると考えるのだろうか?

嘘に違いないからだ。弁護士はそういってきた。NBCがそんなことをするはずは決してないからだと。

そうとも。絶対に。少なくとも二度を除けば。

[オリジナルポスト 10月28日午前6時41分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー