お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Lessig Blog (JP)

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。

2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月

2006年のアーカイブ

  • バージニア:荘厳からお笑いへ

    から へ バージニア州のGoode下院議員が、支持者へ宛てた手紙の中で、アメリカ初のイスラム教徒下院議員が宣誓にコーランを使うと決断したことを非難したというNY Times記事について。 Goode議員へ:貴殿が...

    2006-12-30 12:00:50
  • 鋭い記事

    USATodayのAngela Gunnによる記事。YouTube, MySpaceそしてCCについて。 [オリジナルポスト 12月19日午前1時08分]

    2006-12-30 12:00:40
  • 「CCはリベラル派のもの」?

    このニュースをお伝えできて大変誇らしく思う(わたしがかつてコンサバティブだったからというわけではなく)。(共和党の)Tom Delay元下院議員がblogを開設し、クリエイティブ・コモンズの新ライセンスを採用した。...

    2006-12-30 12:00:30
  • 96の新聞サイトがクリエイティブ・コモンズ・ライセンスを採用

    最高のニュースは最新のニュース。その例:Jay RosenのサイトでLisa Williamsが報じているように、「75の日刊紙と231の週刊紙を保有する」メディア企業GateHouse Mediaが、96紙のサイトにクリエイティブ・コモン...

    2006-12-30 12:00:20
  • CCの新チェアマンにご支援を

    Jimmy Walesから贈られた引退プレート。(クリックで拡大) 先週の金曜、フィナーレへ向かって盛り上がる夜、世界中で開かれたパーティで、クリエイティブ・コモンズの4回目の誕生日が祝われた。この催しには数百...

    2006-12-30 12:00:10
  • Happy Birthday, クリエイティブ・コモンズ

    クリエイティブ・コモンズは明日4歳になる。2002年12月16日、サンフランシスコで、われわれはこのライセンス・プロジェクトを立ち上げた。一年を待たずに、ライセンスの利用は100万件を超えた。二年目には1200万...

    2006-12-27 12:00:12
  • Code v2 刊行

    Code v2が本日正式に刊行された。1999年に出版されたCode and Other Laws of Cyberspace [邦訳]を覚えている人もいるかもしれない。Code v2はその改訂版にあたる。(インターネット時間でいえば)非常に古い本の新...

    2006-12-27 12:00:10
  • Ebenのインスピレーション

    わたしのスピーチは、よく人から過ぎた評価をいただいている(少なくともわたしの前では)。だが、われらが時代の真の雄弁家といえばEben Moglenだ。シアトルのPloneカンファレンスでのキーノートを掲載しよう。こ...

    2006-12-27 12:00:08
  • グローバルに考え、ローカル(またはバーチャル)でパーティ

    クリエイティブ・コモンズは16日で設立4年を迎える。誕生を祝うため、世界中でいくつものパーティが計画中だ。パーティについてはこちらのblogエントリを参照。わたしはCCポルトガルの立ち上げでポルトガルにいる...

    2006-12-27 12:00:04
  • 誤りを認める

    かれこれ10年近く、遡及的な保護期間延長への反対を呼びかけてきた。わたしの単純な主張は、著作権とは創作のインセンティブについてのものであり、過去に遡ってインセンティブを与えることはできないというもの...

    2006-12-27 12:00:02
  • CC Labs

    今週のCC募金レターでは、クリエイティブ・コモンズの新しい技術をテストする場であるCC Labsの立ち上げについて説明した。選択したライセンスがどんな自由を与えるのか分かりやすく表示する新しいライセンシング...

    2006-12-27 12:00:00
  • “fair play for musicians”

    12月7日。この日は汚名とともに記憶される日となるだろう。 Gowers Reviewという、20世紀あるいは21世紀に政府関連機関によって刊行された知財関連の文書でもっとも賢明であるかもしれない報告書が――事実の綿密...

    2006-12-26 12:00:08
  • ニコラス・カー、DRMを語る

    Nick Carr、DRMについて そうではない。DRMはオンライン音楽販売の特定ビジネスモデルを保護するためのものだ。そしてiTunesを通じても大した売り上げ向上が見込めないとあれば、レコード会社はプロテクトのないM...

    2006-12-26 12:00:06
  • Gowers Reviewの提言 #4

    Gowers Review of Intellectual Propertyより:提言 #4:政策決定者は、知的財産権の保護期間・保護範囲は過去に遡って変更されるべきではないという原則を採用すべきである。 すばらしい。あとは英国の(そして...

    2006-12-26 12:00:04
  • 英国の著作権保護期間延長‐続報

    英財務省が命じた知的財産制度についての独立レビューGowers Review of Intellectual Propertyが公開された。こちらにある。 また、Gowers Reviewが委託した二つの報告書も公開されている。ひとつは保護期間延長...

    2006-12-26 12:00:02