お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

魚をありがとう

2005/06/14 00:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

brown_and_ayres.jpg
[Ian AyresJennifer Gerarda BrownによるゲストBlog]

レッシグBlogのコミュニティは実にすばらしい。自律的、建設的かつ刺激的だ。

ふり返って、情報による漸進主義について理解していただけたことを願う。

単純な質問によって、軍での差別を改善する提案。

非公開の対話を義務づけることで、ボーイスカウトによる差別を改善する提案。

休暇に訪れる約束を集めることで、結婚の差別を改善する提案。

差別をしないと法的に約束する認証マークで、雇用差別を改善する提案。

性的傾向を曖昧なままにすることで、さまざまな文脈における差別を改善する提案(そして曖昧化を使うべきとき・使うべきではないときについて明解な提案)。

これらはすべて情報をマネジメントすることの提案だ。サイバースペースが進歩のための強力な道具であることは驚きではない - わたしたちはwww.fairemploymentmark.org
およびwww.vacationpledge.orgでそれを活用しようと試みている。

なかでも特に、Fair Employment Mark(公正雇用マーク)の採用を薦める協力をしてもらえることを望んでいる。ゲイの権利を求める取り組みに何か貢献できることはないかと知りたがっている人は多いが、私企業での雇用環境からはじめるのは良い考えだ。1964年公民権法のTitle VII [人種・性別・信仰・出身国による雇用差別の禁止]は第二次大戦後に成立したなかでもっとも重要な法律だと広く考えられている。差別を受けた被雇用者は雇用主を訴えられるという単純なアイデアがその中心であることは言うまでもない。しかし米国の労働者の半数以上は、性的傾向による差別に対して訴えを起こす権利を与えられていない。性的傾向を理由とした解雇や雇用拒否は間違いであり、それに対してできることがここにある。あなたのボスにマークのライセンス取得を提案してほしい。あるいは人を雇う非営利団体の理事をしているなら、差別をしないと約束する気があるかどうか理事会に諮ってもらいたい。

興味があれば、以下のブックイベントでわたしたちを見つけることができる。

Wed. June 8, 7 p.m.
A Different Light Bookstore
489 Castro Street
San Francisco, CA 94114
(415) 431-0891

Sat., June 18, 3 p.m.
Chicago PFLAG
Sidetrack
3349 N. Halsted St.
Chicago, IL
(773) 472-3079

Sun. June 19, 11:30 a.m.
William Way Community Center
1315 Spruce Street
Philadelphia, PA 19107
(215) 732-2220

Sat. June 25th, 2 p.m.
Yale Bookstore
77 Broadway
New Haven, CT 06511
(203) 777-8440

Tue., June 28th
Human Rights Campaign
Washington D.C.
(202) 628-4160
www.hrc.org
詳細は今後発表される。

飛ぶように過ぎた一週間だった。皆さんには心からの感謝を捧げたい。So Long.

Ian Ayres & Jennifer Gerarda Brown

[Ayres & BrownによるゲストBlog一覧]

[オリジナルポスト 6月7日午後2時41分]

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー