お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

著作権法に加えられる無数の傷

2004/10/12 00:09
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

INDUCE Actの実質的な一時停止には大歓声があがっている。Hatch議員は引き下がり、グループの再編成を始めた。

だが、より大局的な戦略についてはどうだろうか。Hatch議員とその仲間は昨年こうした1ページの著作権法改正案をいくつも提出し、迅速な手続きで修正・通過させてきた。ひとつを除いたすべての法案がはっきりと有害で、残りは間接的に有害だ(そのひとつとはClearPlayのような技術を明示的に合法とするもので、他の目的に使われる同等の技術は「フェアユース」ではないと暗に示している(「フェアユースの権利があるなら、なぜClearPlayを許可する法律が必要なんだ?」))

こうした無数の小さな傷は今やひとつの法案HR 4077にまとめられ、下院で素早い審議が進められている――われわれの注意がINDUCE Actだけに引きつけられているあいだに。

ロビイストたちの手際は鮮やかだ。これが高い報酬の理由なのだろう。

[オリジナルポスト 10月9日午前9時13分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー