お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

CBSと「適切」

2004/09/27 10:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

さて、CBSは大統領が30年前に何をしたかというどうでもよい愚かなストーリーの放送は適切だと考えた。だがソースが信用できないことが明らかになり、Bloggerたちから一斉に非難を受けることになった。

そして今、CBSは大統領選が迫っている時期にイラク戦争についてのストーリーを放送することは不適切であると判断した。

CBSの考える「適切」という言葉の意味はどんなものか見てみるとしよう:
大統領が国を運営する現在の能力となんの関わりもない上に、われわれアメリカ人が果たすことになっている政策判断に関してまったく何の助けにも参考にもならないストーリーを放送することは適切だが、

しかし大統領が下したなかで最も重大かもしれない政治的判断について、より広く理解されれば、大統領がこの国を運営する能力への人々の審判に直接影響することになる内容について放送することは不適切である。

CBSがなぜ大統領の州兵時代の話を適切と考えたのかはわからない。だが、現実かつ重大なニュースを不適切と考える理由は、それが州兵話とおなじくらい不正確でばかげている場合しかないはずだ。

もし真実でないならそもそも放送すべきではない。だがもし真実なら、それを放送できないのは完全な卑怯者の行動でしかない。これこそ、メディアが一握りの追従的な巨大企業に支配されたときにわれわれが目にする類の「ニュース」だ。

[オリジナルポスト 9月25日午後12時41分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー