お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

パブリックドメインの日(カナダで)

2004/01/02 11:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

Wallace McLeanがこんなメールをくれた:

2004年1月1日の今日、カナダでは、1948年12月31日以前に亡くなった作家によるすべての未刊行文書が著作権のもとを離れパブリックドメインとなりました。

今日をもって、多くの施設で保存されている数百万ページもの歴史的遺産が、すべてのカナダ人共有の財産となります。

この歴史的遺産は好きなように公表、デジタル化、編集、翻訳、翻案、舞台化その他どんな目的にも利用することが可能です。誰でも、いつでも、誰とでも、好きな場所で好きなように楽しんだり共有したりできます。

今日はまた、1953年に死ぬだけの分別があった人々による公表された作品が、カナダおよび作者の寿命+50年の著作権保護期間を保持している各国でパブリックドメインとなる日でもあります。このなかにはポーランドの詩人Julian Tuwin、英国の数学者Alan Turing、オランダの児童文学者Hugo Polon、ロシアのノーベル賞作家Ivan Bunin、ソビエトの独裁者Joseph Stalin、形而上学作家Baird Spalding、ノルウェーのノーベル賞作家Knut Hamsun、ノーベル賞戯曲家Eugene O'Neill(1953年はノーベル賞受賞者にとって不運の年だったらしい)、アイルランドの詩人にしてイェーツの恋人Maud Gonne、ウェールズの詩人/戯曲家Dylan Thomas(詩人にとっても悪い年)、カントリー音楽のシンガー/ソングライターHank Williams、フランスの作家Hilaire Belloc、アメリカの歴史家J.G.Randall、ロシアの作曲家Sergei Prokofiev(ロシア人もついてない)、サウジアラビアを建国したAbd al-Aziz ibn Saud王、著名な教育者Maria Montessoriその他大勢が含まれます。

ハッピー・パブリックドメイン・デー!

ここアメリカでは、われわれは次のパブリックドメインの日を、まあ15年後には祝うことができるだろう。

[オリジナルポスト 1月1日午後4時11分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー