お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Lessig Blog (JP)

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。

2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年 2017年
01月 02月 03月 04月 05月 06月 07月 08月 09月 10月 11月 12月

2004年のアーカイブ

  • この季節:II

    .honbun a:visited{color:#808}発表できるようになって嬉しいクールな報せがある。五年前、わたしはCode(邦訳)を出版した。そろそろアップデートする頃だ。だが昔ながらの方法で改訂するかわりに、Basic Books...

    2004-12-25 10:19:23
  • この季節:I

    .honbun a:visited{color:#808}「ただの学生だからあまり大金はつっこめないけど、EFFとPublic Knowledgeとクリエイティブ・コモンズに165ドル寄付したよ。」 Michael-Forest Meservyはメールでこう書き...

    2004-12-25 10:13:49
  • ベトナム、そして終わりに

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) O'Reillyの番組について寄せられた素晴らしいコメントすべてにもう一度感謝したい。非常に多くのことを学ばせていただいた。この体験に...

    2004-12-23 05:23:33
  • オライリーそして冷戦

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) O'Reillyの番組に関する実に鋭く興味深いコメントの数々に感謝する。複数の人が尋ねているので、この質問には答えておきたい:「そもそ...

    2004-12-22 05:57:04
  • オライリー・ファクター

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) 歴史には明日(土曜)また戻るとして、今夜のBill O'Reilly showにゲストとして出演した経験について書かせてもらいたい。今日(金曜)の午...

    2004-12-22 00:50:07
  • 「よい戦争」

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) 第一次大戦後の1919-1920年、アメリカは「赤の恐怖」に見舞われた。ロシア革命に続いて米国内で起きた一連の爆弾テロは、政府転覆を画...

    2004-12-21 05:43:00
  • 第一次世界大戦

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) 十九世紀を後にする前に、スポンサーからのお知らせ:Geoffrey R. Stone著、『Perilous Ties: Free Speech in Wartime from Sedition A...

    2004-12-20 05:40:04
  • 南北戦争

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) 市民的自由をめぐる南北戦争中最大の問題は、Lincolnによる人身保護令状の停止に関わっている。人身保護令状(writ of habeas corpus)と...

    2004-12-20 05:33:39
  • なぜ反対意見を抑圧するのか

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) 南北戦争へ移る前に、戦時における反対派がもたらす特別な問題について少々触れておくべきかもしれない。軍事行動の効率性、兵士たちの...

    2004-12-19 10:23:31
  • 1798年 外国人および治安法

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) 多くの優れたコメントや質問をいただいた。ではそもそもの始まりに、アメリカが憲法を導入してから十年にも満たない時点に遡ってみよう...

    2004-12-19 00:15:17
  • ようこそ危難の時代へ

    .honbun a:visited{color:#808} (Geoffrey Stone教授によるゲストBlog) われわれがいま危難の時代(Perilous Times)に生きていると考える人はどれほどいるだろうか。わたしも同意見だ。そうでない人はもう一度...

    2004-12-18 00:24:01
  • Blogスケジュール

    .honbun a:visited{color:#808}わたしは今日からCreative Commons Italyの立ち上げを手伝うためにイタリアに向かう。土曜まではGeof Stoneが新著In Perilous TimesについてBlogする。Goefはこの形式には馴染み...

    2004-12-16 17:22:07
  • プレゼントといえば

    今年一年間の暮らしの中で、技術関係での一番大きな変化といえば、ホワイトリストなしでspamと手を切れたことだ。以前はメインのアカウントにMailblocksを使っていたが、Marc Perkelにかれのbayesian spamフィル...

    2004-12-15 06:38:28
  • ギルモアの勇気

    .honbun a:visited{color:#808}Dan Gillmorはサンノゼ・マーキュリー紙を離れ、blogの最良の部分を存続させるプロジェクトを立ち上げようとしている。Gillmorはこれまでの業績でも称賛を得てきたが、この次の一歩...

    2004-12-15 06:36:17
  • ちょうどクリスマスに

    .honbun a:visited{color:#808}この時期にふさわしく良いプレゼントのアイデアを探して、わたしのシカゴ時代の学部長でもあった旧友に、かれの新刊In Perilous Timesについて語ってもらうことにした。水曜か...

    2004-12-15 06:26:27