お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

アップル III:1クリック購入=○、返品に20クリックと電話2回=×

2003/12/31 18:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

残念ながら、この話は完璧には終わらなかった。iMacの他にルータも必要だったので、まずアップルストアのサイトでBelkinのルータを注文した(プリファレンスで配達先を両親の家に設定しておいたので1クリックで済んだ)。だが、別の店でBelkinの無線ルータが手に入ることが分かったので(アップルのサイトではAirportを売っているから、もちろん扱っていない)、注文をキャンセルしようとした。すると人生はそうシンプルではなくなった。注文確認のメールにはリンクが含まれておらず、アップルのサイトでキャンセル用のフォームを発見するにはかなり手間がかかった(電話も試してみたが、すでに受付時間外だった)。そして注文からちょうど20分後、フォームからキャンセルの意志を送信した(クリスマスの日だ)。5日後の今日になって、キャンセルにはもう遅すぎたと知らせるメールが届いた(ルータが届いたと父が電話で伝えてきたので既に知っていた)。もう一度電話をかけ、20分待たされた後、やっと返品できることになった。もちろん送料はこちらの負担だ。

この「1クリックで注文、100万クリックしてもキャンセルは失敗」システムを作ったアップルの人間は何を考えていたのだろう:「できるかぎりキャンセルを難しくしておけば、きっと苛立ちのあまり諦めるにちがいない」。実に気の利いたアイデアだ。

さすがは頭の中身がディファレントな人間向けだ。

[オリジナルポスト 12月30日午後6時23分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー