お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

さらにSecondLifeについて

2003/12/08 13:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

lessig

「CODE」「コモンズ」等の著書や「クリエイティブ・コモンズ」などで知られるスタンフォード大学ロースクール教授ローレンス・レッシグ氏のBlogの日本語版。著作権や特許などの知的所有権の問題やオンラインカルチャー関連のトピックスを紹介します。
ブログ管理

最近のエントリー

SecondLifeについては以前にも触れたが、運営するLinden Labは以下のことを決定した。

(1)作品に対するクリエータの権利を認め(Thereでは認められていない)、
(2)クリエータが作品ごとに認可する自由を簡単に示すことができるようクリエイティブコモンズの技術を採用する。

わたしはこれを称賛すべき重要な決断であると考える。まず、
(1)私は作者の権利を支持しており、それを取り上げる仮想世界を嫌悪している。だがそれ以上に、
(2)現状の著作権システムはどうしようもなく複雑化しており、
(3)GNU GPLやクリエイティブコモンズのような次善の策が必要とされていると信じているからだ。

聞くところによると、わがヒーローYochai BenklerはSecondLifeのこの決定を批判しているという――レポートは彼がカンファレンスで提起した質問に関するもので、わたしはまだこの件に関して彼が書いたものを目にしたことはないのだが。LawMemeのJamesはこれに関する優れた記事を書いている。

もしかすると、YochaiがBlogを始めて彼の見解を説明してくれる良い機会かもしれない。

[オリジナルポスト 12月4日午後5時47分]
※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー