お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

UPQ騒動と池澤あやかさん騒動について

2017/05/06 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya

インターネットや通信、放送サービスが大きく変容する中、産業、政策、技術開発等の最新動向や、情報通信サービスと社会の関係性を考える上での「新たな視点」を、さまざまな分野でコンサルティング活動をしているクロサカタツヤ氏がお届けします。
ブログ管理

最近のエントリー

 

どうも、ツイッターdisり検定準1級の、クロサカです。

崎山伸夫さんからご指名をいただきまして、ちょっと書いてみます。

https://twitter.com/sakichan/status/859029767777013760


まず、今回の騒動まで、池澤あやかさんという方を存じ上げませんでした。ごめんなさい、最近マスメディアもSNSも接触時間が減っているのです。仕事と子育てで忙しくて、とにかく時間がないので、ちょっとでも興味のないことに触れる余裕がありません。

そんなわけで、改めて騒動を簡単に拝見しましたが、ぼくはUPQの今回の顛末は企業としての説明責任の問題であり、UPQに瑕疵があると思っています。だから崎山さんの仰る通り、池澤さんの主張にはほとんど共感できないなーというのが、率直な感想です。

だって、たとえばUPQのディスプレイを80過ぎたうちの親が誰かに勧められて買ったりしたら、イヤじゃないですか。勧める人なんかいないだろうし、リフレッシュレートが云々とかいう使い方をするはずもない(むしろそんなことになったらちょっと楽しい)けど。

もしかすると、池澤さんは「でもでもだって、シリコンバレーのuberとかも、ゲスっぽいじゃないですか?!」と反論するかもしれません。でもね、それだけだと立論として弱いんですよ。uberの何がどうゲスなのか、ゲスかもしれないuberがなぜここまで成長したのか、規制当局も含めて誰がそれを叩いているのか、そしてなぜいま彼らがlyftに負けつつあるのか、そういうことを考えないとね。

今回のUPQの騒動はダメだと思っているし、池澤さんにもあまりご縁がないため関心を払っておらず、大体そのあたりで思考が止まっているので、本件についてこれ以上発言する資格はぼくにはなさそうです。そんなわけで、このへんで昼飯作ろうと思います。

そんな感じで、崎山さんからのご期待に、お応えできたでしょうか?

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー