お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

笹井さんの訃報を受けた所感

2014/08/06 10:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

クロサカタツヤ / KUROSAKA, Tatsuya

インターネットや通信、放送サービスが大きく変容する中、産業、政策、技術開発等の最新動向や、情報通信サービスと社会の関係性を考える上での「新たな視点」を、さまざまな分野でコンサルティング活動をしているクロサカタツヤ氏がお届けします。
ブログ管理

最近のエントリー


既報の通り、理研CDBの笹井芳樹副センタ―長が亡くなりました。自殺とのことです。


訃報 | 理化学研究所

http://www.riken.jp/pr/topics/2014/20140805_1/


理研という組織に重大な問題があったことは、すでにCDB内部からも実名で指摘がありますし、衆目の一致するところでしょう。また、理研がMEXTの所管である以上、下村文科相をはじめとしたMEXTの責任は免れないとも思いますが、私はそれを糾弾する立場にもないし、それは他の方にお任せします。


ただ、笹井さんに対する同情を含め、「死んでも何も責任を取ったことにならない」という声が大きいのは、正直辟易を否めません。


もし本当にそう思うのであれば、笹井さんが命を絶つ前に、彼が十分に科学的な検証を行える環境を、私たちが用意すべきだったのではないでしょうか。少なくとも笹井さんは、そのように処遇されてしかるべき、実績のある科学者でした。これも異論は少ないと思います。


しかし私たちは、生前の笹井さんに対して、そうした態度を示すことはありませんでした。むしろ「小保方さんとヨロシクやってたんだろう?」と好奇の眼差しを注いでいたはずです。


あるいは、笹井さんはすでにSTAPの研究(ないしはCDBでの重責)から下りたがっていた。結果の出ていない先端科学技術分野の研究開発は、ある意味で博打のようなものなので、彼は「この博打から一度下りたい」と思ったのでしょう。もしかすると、科学者としての「命乞い」だったのかもしれません。


それでも私たち(と敢えて言います)は、笹井さんに現職を続けることを、結果として強要した。それは「十分に科学的な検証が行える環境」でなかったのは、再現実験に小保方さんが介在していることからも、明らかでしょう。


その小保方さんは生き残り、笹井さんは死んだ。


巷には遺された方々への配慮に欠いた陰謀論が未だに渦巻いていますが、笹井さんはほぼ間違いなく自死でしょう。しかし彼を自死に追い込んだ「機構」の闇は、私たちが考える以上に深く、そして最も恐るべきは、その機構を機構たらしめているのが、他ならぬ私たち日本国民だということなのではないでしょうか。


いくつかの省庁のお手伝いをしている端くれの一人として、この現実を突きつけられると、気が重くなります。


※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー