お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

叶姉妹の「あぶないシスターズ」は、あぶなくない話

2009/04/20 13:21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

叶姉妹ブログ官能小説、ダメ出しされていた

http://www.sanspo.com/geino/news/090420/gnj0904200506017-n1.htm

PCのブログは今のところ、まだ問題がないようだ
http://ameblo.jp/kanosisters/

青少年保護の問題は、コンテンツ側だけでなく法律側にも問題がある。

大学の授業でよく質問するが、
「あなたは18歳以上ですか? YES   NO  」の設問で、 
NOを選択する学生は、一人もいないという事だ。

ネット上の無意味な質問で、業者側を保護しているとしか思えない。
規制すればするほど、あぶなくなる方向へ向かう気がしてならない。

特に、男子のインターネット活用は、小学校高学年から、一気にさかんになるそうだ。
ボクたちの時代のような「ベッド下メディア」の密かな楽しみの時代ではない。

オトナがいくら規制をしても、「スゴいサイト!」は誰かが見つけると、一瞬にして、クラス全体ではなく、すでに全世界レベルで共有されるという時代だ。

他国の性的な価値観の違いまで、なんとなく理解できてしまっているほどだ。

オトナの想像がつかない方法でも、小学校の高学年にもなればサーバを構築して、BitTorrentで共有したファイルを、アカウントを仲のいい子にだけ配布するなんて、簡単にできてしまう。
デジタルネイティブは、全世界からいろんな映像や画像を好きなだけ入手できてしまう。
膨大な時間とリアルなネットワークを持っている彼らのスキルをあなどってはいけない。

21世紀少年のケンヂ君たちの秘密基地はクラウドの中にあるのだ。

規制で規制できるワケがない。しかも古いメディア観しか持ちあわせていないオトナたちに。

だから、ダメ出しすればすればするほど、枯渇現象で逆に価値が生まれてしまい、よりアクセスされるという状況になってしまう。
「ダメ出し」も、もはやマーケティング戦術の一環となりつつあるだろう。

デジタルネイティブと呼ばれる、生まれた時から、ネットアクセスできる世代に、規制をかける前に、なぜ規制しているのかの真意を教えたほうがいいと思った。

そこで、規制ではなく、規制することの理由を明示すべきだ。

何が問題で、何が問題でないか? 
どんな悪影響を及ぼす可能性があるのか?をキチンと示唆してあげたほうがいい。
そちら側を真剣に議論すべきだろう。

ボカシがはいっていれば影響がないなんて時代でもない。
煩悩のエスカレートは、激しさを増している。リアルよりもサイバーの煩悩には抵抗感がない。コストも安い。
それらのサイバーの経験も、リアルな経験としてヒモづく時代だからこそ、リアルとネットの差はますますなくなる。
いや、どっちが本当なのかもわからなくなるのである。

テレビと一緒だ。誰も、テレビをサイバーな世界という人はいない。ネットで得られる情報が、そういう意味では、テレビ以上に身近になっているのだ。

これだけメディアが豊富な時代。百科事典やテキストの小説でいろんな妄想ができることは、すばらしいことだと思うし、異性に興味を抱くのは、生物学的に正しい状態だ。

叶姉妹も、セクシーなマンガキャラクターで、海外進出をめざしているようだ。

http://kanosisters.net/

あぶないシスターズは、実はあぶなくない、デジタルネイティブにとっては、まだまだ健全なコンテンツの方だと思う。もっと、大きな問題に目クジラを勃てるべきだろう。


※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー