お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CNET Japan ブログ

2008 MacBook Proは、一体何が新しくなったのだろうか?

2008/02/27 02:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

噂どおりに、米国の大手小売りチェーンのBest Buyの在庫リストの予測通り、アップルの新製品が発表となった。

Best Buyの在庫リストでアップルの新製品の発売日が予測できるというのも、「フラット化しすぎた社会」現象のようだ。そのうち、「風が吹くと、アップルが新製品だしたり、MSが無謀な買い物に走る」というような、連鎖現象が見られるのかもしれない。

この標準的な日本のアッップルのスペックシートだけで判断すると…。

15インチのMacBook Pro 2.2GHzの場合、
CPU  は +0.2GHz  で2.4GHz
 HDD は +80GB
 GPU は +128MB
価格 は ▲10,000円 3.8%割引

15インチのMacBook Pro 2.4GHzの場合、
CPU  は +0.1GHz  2.5GHz

 HDD は +90GB

 GPU は +256MB

価格 は ▲20,000円 6.3%割引

17インチのMacBook Pro 2.4GHzの場合、
CPU  は +0.1GHz  2,5GHz

 HDD は +90GB

 GPU は +256MB

価格 は ▲30,000円 8.3%割引

ということとなりました。

うーん、値段が最高8.3%割引ということですね。つまり微妙なマイナーアップグレードという感じです。

MacBookは、噂になかったけど、少しだけ地球でなく財布に優しいかも。

その他の違いは、

http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20368236-2,00.htm
1.マルチタッチジェスチャーをサポートするトラックパッドを採用した。
2.バックライトキーボードを搭載した
3.内蔵環境光センサーがキーボードやディスプレイの明るさを自動的に調節するという機能
だそうだ。

もしかすると、BDディスクとか、HDMI 端子の入出力端子(Mac側に外部HDMI端子入力があると地デジやBSデジタルテレビになるからぜひ欲しい!)とか、VMware買収してFusionバンドルとかを、こっそり期待していたのですが、なかったですね。今年の夏あたりに期待!

今回スルーすると、初夏のWWDC後のボーナス月あたりで、ごそっと!メジャーアップグレードに期待!!

AirとiPhoneの間の、決してPDAとは言いませんから、ハンドヘルドマシンを密かに期待!!!!
アップル版 100ドルPCも勝手に期待!!!!!

iBookくらいのエポックメイキングな製品に期待しています!!!!!! 

とりあえず、2008年の春までに購入を検討していた人は、いまがお得なタイミングですね。

ボクは今夏まで待ちたいと思います。

Airの次は何だろう?サブノートはワンボタンマウスの時のように、何がどうあってもアップルにとっては、ひねくりまくったアイデアでないと出してこないのかも。ワンボタンで右クリックできるというようなギミック仕様だとOKなんです。

サブノートではなく、キーボードだけのPCで、ディスプレィは本当に「Air DVI端子」経由というようなサブノートというかキーボードオンリーのMacなんてありえそうだけど…。

そんな発想の上ゆく製品を5年に一度は出してくれるAppleという企業は、テクノロジーとデザインとアートの三位一体のバランスがとてもよくとれた会社だ。 2年に一度出てくれば、ずっと買い替えて使いたくなるのに…。

さて、アルミiMacを新規で購入し、Vistaノートで一年間苦しんだので、Windows XPマシンとして使いだして、ほぼ一ヶ月、VMwareのFUSIONのユニティモードでWindowsのアプリもしっかりと動いてくれます。

 

VMwareは、期待していなかった割に、びっくりするほど快適ですが、序々にMacの使用率が上がってきました。見事に戦略にはまっています。得にLeopardにOSを変え
てからは、WindowsのエクセルファイルやPDFがアプリケーションを立ち上げずに、そのまま「QuickLook」で読めたりの機能に、日々小さな
喜びが増えてきています。

Windowsユーザーにここを教えてあげるときっとハマる要素になるでしょう。あなたはエクセルを開く度に「7秒」損をしているのです。他のファイルも考えると、一日5回7秒損をすると、25日で 15分損をしています。年間で3時間、あと50年で19日間は、アプリの起動をビジネスタイムに眺め続けないといけません。

これだけでも、新OSの「クイックルック」の価値があると思う。派手さよりも、クオリティが数段上がったOSにかなり満足。

二度とVistaにもどらなくて、いいようにもっとがんばってほしいところ。
Appleの株価にも反映してほしいところだけど、今回は好材料になりそうにない気がしました。ごめんなさい。Apple株は今が買い時になるのかもね。

 

※このエントリは CNET Japan ブロガーにより投稿されたものです。朝日インタラクティブ および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません。
運営事務局に問題を報告

最新ブログエントリー